2016年12月15日、警視庁は「止まれ」などの道路標識を英語併記に改善することを発表しました。

理由は2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催で見込まれる、外国人旅行客の増加に対応するため。

慣れ親しんだ道路の標識は一体どんなふうに変わってしまうのでしょうか?

「止まれ」の標識には英語表記の「STOP」が追加される

警察庁によると、一時停止標識は国際的には八角形が主流。日本もかつては八角形を採用していたが、遠くから見たときの視認性が高いとして、1963年に逆三角形に改めた。今回の検討に際し、外国人ドライバーへのアンケート調査や視認性実験などを行ったところ、逆三角形の方が分かりやすく、いち早く認識できたとの結果が得られ、形状は維持すると決めた。

出典 http://www.jiji.com

外国で主流の八角形の一時停止標識。実は昔日本も採用していたのですね。

三角形の「止まれ」標識に慣れ親しんでいる私たち日本人のことも考慮され、外国主流の八角形の「止まれ」標識にはならずに、「STOP」を併記することによって対策するとのことです。

案内標識のローマ字部分も…!?

「止まれ」などの道路標識以外にも変わるところがありました。

おなじみ道路案内標識の青い看板です。

外国人が「○○通り」の横に「○○dori」と書いてあってもよく分かりませんよね?この併記を見直し、「通り」を「Ave.」「St.」、公園を「Park」、川を「Riv.」、駅を「St.」と英語を略した表記に変わります。

「――通り」を「――dori」から「――dori Ave.」に変える。道路そばにある区の地図看板や東京メトロの駅内の地図も併せて更新する。

出典 http://www.nikkei.com

2017年7月以降切り替え開始

全国に一時停止の「止まれ」標識は約170万ヵ所あり、標識の更新時期を迎えたものから順に来年の7 月以降から交換が開始されます。

さらには、国会周辺の道路案内標識は8月をめどに変更する予定とのこと。

世間の反応は?

「日本ではなくなる」との声も。たしかに街の風景も少し変わりそうです。

標識だけでなく路面の表示も変更になるかもしれませんね。

グローバル社会では当然という賛成意見もありました。

他にもある!世界の面白い標識

さて、日本の標識が変わるということを見てきましたが、世界には思わず「何これ!?」と思ってしまうような標識がたくさんあります。そのうちいくつかをご紹介しましょう。

アメリカの「ヒッチハイク禁止」標識

Licensed by gettyimages ®

これをみるとエドはるみさんを思い出すのは私だけでしょうか。

もちろん「グー!」が禁止されているわけではなく、ヒッチハイク禁止の標識です。

アメリカには治安の悪い地域もあり、このような形で対策がとられています。

ルーマニアの「酔っぱらい注意」表記

Licensed by gettyimages ®

続いてはこちら。「酔っ払い注意」
ルーマニアの西部の市などに限定で立てられています。

こんな標識が立つほど酔っ払いが多いところ、一度でいいから見てみたいですね。

アメリカの「カメ注意」標識

Licensed by gettyimages ®

日本の北海道などでは「鹿注意」の標識を見かけますが、世界には「亀注意」の標識もあるのですね。なんだかものすごく大きな亀がでてきそう。

おわりに

世界の標識などを見た上で、改めて日本の標識を見直してみると、標識は国によって色や形の意味が大きく異なるということがよくわかります。

「止まれ」などの日本語表記だけの道路標識は危なかったということに気がつかされますよね。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック、その後に向けて様々な国籍の方が日本に訪れる機会が増えますが、どんな人も過ごしやすい日本になっていくといいですね。

この記事を書いたユーザー

おはよーじ このユーザーの他の記事を見る

お笑い好きな大学生。
特に金髪と黒髪のヤンキー二人のコンビが大好きです。

得意ジャンル
  • 話題
  • エンタメ
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら