記事提供:favclip

いまアメリカで、この写真が多くの人々の関心を集めています。

この写真が撮影されたのは、アメリカのテキサス州アビリーンにある大手ホームセンター「Lowe's」(ロウズ)の店内。同店に通うジュディさんが撮影したもので、写真では男性とその後ろに犬が座っている姿が見えます。

そして写真には、こんなコメントが添えられています。

「私は、アビリーンのLowe'sが好きです!よくやった!彼は介助犬のサポートが必要な退役軍人で、就職するために努力してきました。Lowe'sは彼と介助犬を一緒に雇ったんです!」

そう、実は、この写真の男性と犬はお店の従業員だったのです。

介助犬とともに彼を採用したホームセンターに賞賛の声

この写真に写っている男性は、3人の子供を持つ35歳の退役軍人クレイ・ラシーさん。

軍に従事している際に膝を負傷し、手術を5回も繰り返しましたが、左膝が曲がらなくなってしまい引退を余儀なくされました。そして彼は、ゴールデンレトリーバーのシャーロットの助けを得ながら日々の生活を送っています。

そして、そんな彼が仕事を探しているとき、奥さんのすすめで同店の面接を受けたのが働き始めるきっかけだったそう。

Lowe'sの人事担当であるジェイ・フェラーズさんは、「彼とシャーロットはこの仕事にぴったりの存在でした。面接のときに彼は素晴らしいスタッフになると思い、シャーロットにも一緒に働いてもらうことにしました」と、USA TODAYの記事のなかで採用した経緯を振り返っています。

そして、ラシーさんとシャーロットくんが働きはじめてから2ヶ月ほど経った12月5日、彼らの姿を店内で目にしたお客さんのジュディさんが冒頭の画像を自身のFacebookに投稿。

すると同投稿には、1万3千件以上のコメントや14万件以上の「いいね!」のリアクションが巻き起こり、大きな話題となりました。

投稿には、「Lowe'sは最高の店だ」「こんなことをするなんて、Lowe'sのことが好きになるわ」「これからは(ライバル店の)The Home Depotじゃなくて、Lowe'sで買い物するわ!」など、今回のLowe'sの取り組みを賞賛する声が数多く寄せられています。

権利侵害申告はこちら