記事提供:messy

『5時に夢中!』公式サイトより。

12月7日に放送された『5時に夢中!』(TOKYO MXほか)で、「男が生きづらい世の中の現状」が議論となる場面があった。

番組では「毎日新聞」の記事<男が生きづらい 出世競争も家事も育児も…「男らしさ」幻想と現実との落差/自殺者数は女性の2倍以上>を紹介。

男性学を研究する武蔵大学の田中俊之助教授が「増え続ける労働時間や、家事、育児の協力により男は生きづらくなっており、男性の自殺者が女性の倍近くいることがそういった傾向を物語っている。男性は幼少時から社会的地位の高い職業に憧れるよう親に期待され、男らしさや強さを求められて育つ。しかし夢が経たれると問題を一人で抱え込む傾向がある」と分析したことなどが紹介された。

これに美保純は「働いても働いても昔みたいに出世するのは難しい、年収とか決められてるから」とコメントし、働いている女性と結婚する方がこれからの男性は楽になるだろうと分析。

また、江原啓之は「今の時代の人は他者からどう評価されるかをかなり気にする」と前置きし、“イクメン”であるべきといった考えなどが男性を苦しくさせていると分析した。

さらに美保純はお小遣いの少なさといった面から「子供が生まれると、今までかっこよかったのにパパになった途端…」と『男性の苦しさ』を察し、「どっかの何かがストップしてかわいそう、でも男っぽく頑張ってるから…」と同情しているようであった。

こういった問題は男性だけではなく、女性にも当てはまるかもしれない、とMCのふかわりょうがコメントしたが、視聴者からも「私は子供ができたら自分のことは後回しで、新しい洋服なんて全然買わなくなった」「化粧品も安くなるどころか、化粧する時間さえなくなって、女は女じゃなくなっちゃうもんな」といった声が。

そして「そもそも子供一人を育てようってだけでここまで大変になる日本の環境がおかしい!」「労働時間が長すぎ」といった意見に派生している。

2016年にOECD(経済協力開発機構)が発表した「世界の労働時間 国別ランキング」だと、日本は年間1,719時間で、加盟している38カ国中22位と下位ランクだ。

上位は、1位・南アフリカ(2,209時間)、2位・メキシコ(2,142時間)、3位・韓国(2,114時間)と続き、その他は19位・アメリカ(1,748時間)、21位・イタリア(1,723時間)、34位・フランス(1,467時間)、最下位38位・ドイツ(1,368時間)となっている。

各国で少子化対策として残業時間を減らす試みがされているが、少なくとも日本国内においてはまだ奏功していると言い難い。

そもそも「裁量労働制」やら「みなし労働時間制」「フレックスタイム制」といった抜け道を使い、調査結果以上の長時間労働がはびこっているとも見られている。

さて、美保や江原は過去の男性像(具体的にいつのどのような男性像をイメージしているのかは不明だ)と比較して現在の父親たちを哀れんでいるが、それこそ「過去」の男らしさに縛られているからこその同情で、田中助教授の提唱する男らしさからの逸脱とは異なる。

男らしさを経済的な豊かさや外面で測らないことこそ、彼らが哀れんだ「お父さん」のしんどさを解消することに繋がるのではないだろうか。

権利侵害申告はこちら