凄腕編集者の柿内さんもびっくり。ふるさと納税、やりましたか?

2015年から、控除額が2倍になっとるんですよ!

あんまり知られてませんが、2015年から控除額が2倍になりました。目安のテーブルを見るとけっこうインパクトあります。

(「ふるなび」から)

独身・共働き世帯の場合、500万円くらいの給与があるのなら、60,000円の寄付をすると、58,000円分、税金が少なくなるということです。

ピンと来ないかもしれませんが、これはかなりインパクトあります。フリーランス的には「え、マジで?そんなに控除されるの?」という感じ。

税控除が受けられるだけでなく、「おまけ」として自治体から感謝商品も貰えます。6万円の寄付だと、たとえばこんな感じ。

・甲州市推奨ワイン白赤2本セット
・特選幸手のコシヒカリ(白米:15kg)
・うなぎのかば焼き2本タレ6本入り
・ワイン豚ぜいたくブロック2.0kg
・草津温泉宿泊券(10,000円分)

節税のおまけとは思えない充実のリターン…。

「特典合戦」になっている現状は批判も多いですが、現地に雇用が生まれているのも確かなので、そこまで悪い話ではないのかな、とも思っています。高知の山奥でも「ふるさと納税」のおかげで、少なからず仕事が生まれてます。

2015年からは手続きも楽になり、確定申告をしなくても税控除の恩恵が受けられるようになりました。サラリーマン向けの施策ですね。

ふるさと納税ワンストップ特例制度とは、2015年4月1日以降、下記のすべての条件に該当する方の確定申告が不要となる制度です。

・2015年1月1日から2015年3月31日までに「ふるさと納税」を行っていない方
・元々確定申告をする必要がない方
・ふるさと納税の納付先が5自治体までの方(寄附の回数ではなく自治体数になります)

出典 http://www.ikedahayato.com

初めての寄付は「ふるなび」が便利です

「ふるさと納税」で返礼品を用意している自治体は、とんでもなく多いです。統計見つからないけど、ゆうに500は超えているのでは…。

いくつかあるサイトのなかで、もっとも使い勝手がいいのが「ふるなび」。人気の自治体をセレクトしてくれている上に、カテゴリーランキングや検索機能も充実しています。

もちろん、ワンストップ特例制度にも対応しています。節税とかなんだかよく分からない人にもおすすめです。

ぼくは「長野県小谷村」「山口県山口市」「高知県四万十市」に寄付しました。詳しくはこちらでまとめております。お得ですよ~。ポイントもらえるのでかい。

関連記事:ふるさと納税で「モンベルポイント」「山口市宿泊券」「四万十の特産品」をゲットしたよ。

複数自治体に寄付するのは、選ぶのを含めてちょっと面倒なので、そこまで控除額がない方&こだわらない方はひとつの自治体にどかっと寄付するのが楽だと思われます。

好きな人は色々選んでもいいですが、その手間に見合うものはないんじゃないかな…。制度的にも特典はあくまで「おまけ」で、メインは税控除だと思っておくくらいがいいのでは。これからどうなるかわかりませんしね。

ほかにも色々な自治体が特典を用意しているので、ぜひ「ふるなび」を覗いてみてください。

権利侵害申告はこちら