現在、5本のレギュラー番組を抱え、バラエティー番組を中心に活躍を見せているタレントのヒロミさん。

愛妻家としての顔や、DIYの達人としても人気を博していらっしゃいますよね。

同じく”毒舌キャラ”を売りにする坂上忍さんや有吉弘行さんにも負けない強烈な毒舌と、鋭いツッコミは見ていて痛快ですよね。

また、妻である松本伊代さんのことを「ママ」と呼び、家庭での面白エピソードも披露するなど、芸能界きっての仲良し夫婦としても知られている二人。ヒロミさんに”愛妻家”というイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。

最近では俳優として活躍する長男の小園凌央さんとの親子共演も多く見かけますよね。

さらに、プロ顔負けの本格リフォームを手掛けてしまえるほど、DIYの達人としても知られるヒロミさん。
テレビ番組の企画でも、多くの芸能人宅をリフォームするなど、もはやタレントの域を超えた活躍を見せていますよね。

約10年間に渡り、テレビから”干されていた”過去を告白

芸能生活30年。今でこそ、バラエティー番組に引っ張りだことなっているヒロミさんですが、実は以前に10年ほどテレビから”干されていた”時期があったことをご存知でしょうか?

かつては冠番組も持つほどの人気者だったヒロミさんが、なぜ突然テレビから姿を消すことになったのか、その真相を12月7日放送の番組「一周回って知らない話」(日本テレビ系)にて激白し、反響を呼んでいます。

”毒舌”、”タメ口”などの生意気なキャラで、大御所や先輩に対しても歯に衣着せぬ発言をするという芸風をいち早く生み出した存在であったヒロミさん。

先輩に対してもズバズバと物を言い、さらに本気で殴る&蹴るという破天荒な行動も多く、当時を振り返って「こりゃ干されるっしょ?」と本人も納得してしまうほどの、尖りまくったキャラを貫いていました。

そんな姿に、嫌悪感を抱く視聴者も少なくなかったそうで、ついにはテレビ局の人からも…

「40歳ぐらいの時に、ヒロミのキャラは強いから、もうちょっとソフトに、大人になれない?って言われて。」

出典「一周回って知らない話」(日本テレビ系・12月7日放送)

と、キャラ変更を迫られたそうです。

しかし、これまで貫いてきた自身のキャラクターを変えることは断固として許さなかったヒロミさん。そして…

「もう、俺必要とされてないんだなって思った。必要とされなくなったら素直に辞めようってゆうのは若い時から決めてたから。」

出典「一周回って知らない話」(日本テレビ系・12月7日放送)

と、潔く芸能界を去ることを決めたそうです。

多くの仲間から復帰を求められるも…

その後は芸能活動を徐々にフェードアウトし、実業家としてトレーニングジムの経営などに乗り出したヒロミさん。しかし、飲み仲間だったというタレントの勝俣州和さんには…

「飲み会の席で喋っても、面白さが全然落ちてないから、酔った勢いで”戻ってきてくださいよ”って時々言ってました」

出典「一周回って知らない話」(日本テレビ系・12月7日放送)

と、度々復帰を促されたり…

休業後約8年ぶりに出演したトーク番組「さんまのまんま」(関西テレビ)を見たSMAPの中居正広さんからも電話で…

「ヒロミさん、今見てますよ!なんなんですか、こんなに面白いのに!!早く戻ってきてくださいよ!」

出典「一周回って知らない話」(日本テレビ系・12月7日放送)

と、復帰を求められるなどしていたそうです。

それでもヒロミさんの心は復帰に傾くことはなく、むしろ中途半端に芸能活動を続けることが嫌になり、”引退宣言”をしようと思うまでになっていたそうです。

ヒロミの引退を思いとどまらせた、たった一人の存在

多くの友人や有名人に復帰を求められても、聞く耳を持たず、さらに一時は引退をも心に決めたというヒロミさん。

しかし、そんな彼を思いとどまらせてくれたのは、たった一人の友人からかけられた言葉だったそうです。

その友人というのが…

なんと、「とんねるず」の木梨憲武さん!!
実は二人は、30年来の大親友!家族ぐるみでの付き合いを持つほど、大の仲良しなんです。
そんな木梨さんに、引退の気持ちを伝えたというヒロミさんでしたが、木梨さんからはこんな言葉が返ってきたのだそうです。

「そういうことは言わなくていいんだ。お前が決めることでもないから、いちいちそういうことを言うな。わざわざ言わなくていいんだよ。お前なんか好き勝手に生きてるんだから、また好き勝手生きてりゃいいじゃん。

出典「一周回って知らない話」(日本テレビ系・12月7日放送)

無理強いする訳ではなく、引退宣言をしないように、と忠告をした木梨さん。
頑固でマイペースなヒロミさんの性格を、誰よりも分かっているからこそ言えた言葉ですよね。

この言葉をきっかけに、ヒロミさんは思いつめることもなく、引退を思いとどまることができたのだそうです。

スムーズな復帰の陰には、妻の存在が

周囲の支えがあり、引退を思いとどまったヒロミさんは、2014年にバラエティ番組への出演を本格的に開始。積極的に芸能界での仕事をこなすようになります。

復帰した頃の仕事は妻との共演など、”伊代ちゃんの夫”としての仕事が多かったというヒロミさん。相変わらずのトーク力で、天然な伊代さんのエピソードを披露するうちに、再び人気者となったヒロミさんですが、実はこの裏には伊代さんの類稀な内助の功が隠されていたのです。

芸能活動を休止後も、「ヒロミさんはテレビが向いている!」と思い続けていたという伊代さん。
活動休止から7年ほど経った頃、テレビに向かってツッコミを入れる夫の姿を見て、「以前よりも復帰に前向きになっている」と感じ取ったそうです。

そして、夫をスムーズに復帰させてあげたいと、伊代さんはことあるごとに周りのテレビ関係者に夫婦共演をもちかけ続けたそうです。ヒロミさん自身はスムーズに復帰ができたことを”運が良かった”程度にしか思っていなかったようですが、実は妻による必死の根回しがあったからに他ならなかったのだそうです。

多くの人に支えられて

ヒロミさんの引退を思いとどまらせた木梨さんの言葉や、伊代さんの内助の功には、才能溢れるヒロミさんを思いやる愛が溢れていて素敵でしたね。

数え切れないほどの多くの人たちに支えられて、再び芸能界へと舞い戻ることができたヒロミさん。

ここまで周りを引きつける、彼の魅力とは一体何なのでしょうか。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら