Licensed by gettyimages ®

リクルートグループが、12月13日(火)に「2017年のトレンド予測」を発表し話題を呼んでいます。来年の住宅・進学・飲食・美容などなど8つのテーマの動向を予測するもの。2009年の開始以来、年末に話題となっています。

リクルートの編集長や総研所長が、普段からのクライアントやユーザーとのやりとりの中で、来年盛り上がってくるだろうトレンド予測して公開しました。さて、来年2017年の「トレンド」はどんなものなのでしょうか?ちょっと聞きなれない言葉もあるかも?!

2016年のトレンドは?

…その前に、前回のトレンドはどんなものだったのでしょうか?2015年末に発表された「2016年のトレンド予測」には、こんなものがありました。実際今年に人気となったのでしょうか?

Licensed by gettyimages ®

美容領域」の2016年トレンド予測のキーワードは…

美ンバウンド

読み方は「びんばうんど」。訪日外国人が増える中、日本滞在中に多かった「モノ消費」から、日本でしかできない「コト消費」へ移行と予測。理由は、化粧品等の商品を買うというより、美容室エステネイルなどなどを、「美容」の憧れ国「日本」で体験希望者が増えている事実から。特にアジア人女性にとっては、美容サロンを求めての来日だそうです。

Licensed by gettyimages ®

さらに、「アルバイト・パート領域」に関して予測したキーワードは、

多国籍スクラムバイト

簡単に言うと、日本人だけでなく外国人も含めた国際的な職場を指します。日本人および外国人従業員のそれぞれの強みを最大限に生かして、接客や組織に貢献する仕組みを作り上げるもの。企業戦略の1つとして、そういった傾向が見られました。

その他、横丁ルネサンス、育自休暇、相互選択型入試、スタディ・ライフ・バランス、住民経営マンション等の予測キーワードが挙げられていました。詳細は、サイトをご覧ください。みなさんは2016年にそういった傾向を感じることがありましたか?

気になる!「2017年トレンド予測」は?!

では、12月13日に発表された「2017年トレンド予測」は、いったいなんだったのでしょうか?予想できますか?

住宅領域

Licensed by gettyimages ®

住宅領域からのトレンド予測キーワードは、

リビ充家族

リビ充=リビング充実」ということで、家庭のリビングで家族が空間を共有しつつ、それぞれが好きなことをして充実した時間を過ごす家庭が増えています。つまりリビングが多機能空間を実現しているのです。

リビングはテレビ中心の寛ぐ場から、仕事・勉強・遊びなど「家族それぞれの時間を過ごす多機能空間」へ

出典 http://www.recruit.jp

震災後の「絆」重視ということもあり、そういう家庭が増えているとか。

スマホが標準化してきていることも、家族でリビングに集う傾向に拍車をかけたようです。

社会人学習領域

Licensed by gettyimages ®

続いて社会人学習領域からのトレンドキーワードは、

子けいこパパ

育児の時間には、自分(父親)も一緒に学べるということを重視。子育てをしつつ、学びの場にもなっているのです。例えば、子どもの学ぶ姿に鼓舞されて、スクールに通うパパが急増!一緒に学べば費用削減、送迎ナシ、待ち時間ナシなどなどメリットばかり。

パパの約3割が子どもをきっかけにした学びを実施。

出典 http://www.recruit.jp

お互いがお互いを励まし合って、家族のつながりも深くなりそう!

子けいこパパ…来年のトレンドだ!「一人ではやろうという気にならなかったと思いますが、子どもがいるおかげで空手を始め、今では父親のほうがはまっています」

出典 https://twitter.com

キャリア領域

Licensed by gettyimages ®

では次にキャリア領域から。選出されたキーワードは、

ライフフィット転職

求職者の方から企業側へ勤務条件を交渉して、生活に合わせた働き方を実現すると言うもの。主権が「企業」から「個人」へシフトという新しい時代へ。そうすることで、入社後には、希望にかなって生き生きと働く姿が見受けられるとか。

これにより、「自発的」に働くことが可能となり、仕事と生活の良いバランスも生まれます。介護などが増えていく世の中で、こういった傾向になることは、生活に柔軟性が生まれることでしょう。

ライフフィット転職は、キャリアフィットが大前提。もっと言うと企業から「どうしても欲しい人材」だから実現しているのが現状。多様な働き方への対応はまだまだ始まったばかり。身近でも数例起きているから確実な兆し。

出典 https://twitter.com

個人が主導して、個人の働き方に企業が合わせるといった変化がでている

出典 http://www.nikkei.com

アルバイト・パート領域

Licensed by gettyimages ®

アルバイト・パート領域からのキーワードは、

パズワク

何でもパーフェクトに出来る人を採用するのではなく、不安や苦手があってもOK、みんなの得意をパズルのように合わせて、みんな一緒に補い合いながら仕事をする働き方です。その「個人」をありのままに受け入れる企業がふえつつあります。多様なみんなのスキルを合わせることによって、大きな成果をあげるという新しい見方です。

これからトレンドになるべき概念だと思う

出典 https://twitter.com

個人の希望するシフトや能力をパズルのように組み合わせて成果を生もうという考えが広がる

出典 http://www3.nhk.or.jp

成果主義と自由なシフト制度が合体したようなこの仕組みが今後どのように日本に定着していくのか楽しみ

出典 http://sukini164.com

飲食領域

Licensed by gettyimages ®

続いて飲食領域から、来年のトレンドキーワードは、

おいし援

これは、美味しいグルメを堪能しつつ、その産地を応援したいという食に関する傾向。都市部を中心に、外食の際には、国産を重視する人々が増えているという現実があります。高品質の地域グルメを都心部でも楽しめ、同時に日本の生産者へ貢献したいという意を表しています。

近年の「地方創生」への想いや、「社会貢献」の観点などから、消費者のニーズにも変化。

出典 http://www.recruit.jp

日本全体に活力をあげていきたいという、安倍政権の政策も影響。

生産者の食べ方が全国に広がり客が増えることで生産者を支援している。

出典 https://jcc.jp

地域の名物料理を都市部で食べることで地域活性化を応援

出典 http://www.news24.jp

その他も!

Licensed by gettyimages ®

その他の来年のトレンドキーワードには、

育成枠採用、Liveラリー、バーバー新時代

などが挙げられています。みなさんはどれだけ知っていますか?ワードとしては知らなくても、その傾向や内容を肌で感じている人も多いのではないでしょうか。

2017年も飛躍の年に…

Licensed by gettyimages ®

今年もさまざまな人気商品や話題の傾向がありました。それらを継続しつつ、少しずつ世の中は変かし続けています。2017年はもっともっと過ごしやすく、利便性に飛んだ社会や生活が待っていることを望みたいですね。トレンドワードは、ちょっと頭の片隅にでも置いておくと、充実した年を送ることができるかもしれませんよ?!

この記事を書いたユーザー

シロクマInTheSky このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナライターとして執筆しています。日々の生活に役立つ情報をどんどんネット配信していきたいと思います♪日本も含め、海外などあちこちに出没しています(笑)世界中のいろんな記事を書いていきたいと思います(^_-)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら