記事提供:favclip

12月5日、アメリカはテネシー州のクリーブランドにあるスーパーマーケットの前で、ユニークなバトルが行われていました。

それは、クリーブランド警察とブラッドリー郡の保安官が、スーパーの入り口前でサルベーション・アーミー(救世軍)が行っている募金活動をそれぞれサポートし、獲得した寄付金の額を競うというバトル。

そんななか、クリーブランド警察のショーン・ブローさん(写真左)が行ったユニークなサポートに人々の注目が集まっています。

警官の陽気なダンスが約11万円もの寄付金を集める!

この動画のように、彼は募金ブースの前で人気歌手ブルーノ・マーズのヒット曲『24K Magic』に合わせ、サルベーション・アーミーの募金でおなじみのベルを鳴らしながら陽気なダンスを披露したのです。

ダンスの途中にも車の中の人へ寄付金を受け取りに行ったり、ドアの溝にはまって立ち往生するショッピングカートを助けたりと、周りへの気配りを忘れない姿に彼の人柄の良さを感じますね。

そんな彼のダンスシーンがクリーブランド警察のFacebookにアップされると、同投稿は約1万2千回以上シェアされ、動画の再生回数は90万回を超えるなど「大きな話題となっています。

そして、ブローさんが募金会場を去った後も、このダンス動画をみた数多くの人々が彼のダンスを見ようと募金に詰め掛けたそうで、彼は再びスーパーの前にあらわれアンコールのダンスを披露したといいます。

結果、クリーブランド警察はこのユニークなダンスのおかげで、なんと約11万円(1141ドル)の寄付金を得たそうです。

今回ダンスを披露したブローさんは、この動画の反響について、「ここまで反響があるとは思わなかった」と驚きの様子。

また、このダンスで募金活動をサポートできたことについては、「私はただ、地域のコミュニティにお返しがしたかったんです。寄付金を集めるために私ができることをしただけです」と、現地メディアWTVCのインタビューで振り返っています。

権利侵害申告はこちら