星野源オフィシャルイヤーブックの創刊が決定!

ドラマに音楽に大活躍の星野源さんが、自身の2016年の音楽活動を1冊に凝縮したオフィシャルイヤーブック『YELLOW MAGAZINE 2016-2017』を創刊することが決定しました。

自身最大規模のツアー「YELLOW VOYAGE」で幕をあけ、TBS系火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌“恋”が誕生した2016年を、星野自身の言葉で語るロングインタビューを始め、星野がファンであることを公言している小堺一機、関根勤との鼎談が実現。

そのほか、この本でしか見られない、「【星野源×奥山由之】撮り下ろしフォトストーリー」や、アルバム『YELLOW DANCER』全曲徹底解説、星野をよく知る著名人からのコメントなどが全128ページにわたって掲載される。

出典 http://ro69.jp

128ページとボリュームたっぷりの1冊ですが、こちらの商品は本だけでなく特典CDも付属しています。こちらに収録されているのは、星野源しか出ない夏フェス」の音源で、このCDに注目しているファンも多いようです。

「星野源しか出ない夏フェス」って???

2016年8月22日、星野源さんがレギュラー出演しているラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」内で行われた「2時間生演奏!星野源しか出ない夏フェスinいつものラジオブース」のことをいいます。

▼レコーディングメンバーや機材もスタジオに入れて生演奏

出典 http://www.allnightnippon.com

当日は星野さんのレコーディングやツアーでサポートを行っている豪華メンバーも集結。ニッポン放送のラジオブースに楽器やアンプを持ち込み、2時間にわたって楽曲を生演奏でパフォーマンスをしたのです!

この放送の前々日20日にSUMMER SONIC東京会場、前日21日にSUMMER SONIC大阪会場で夏フェス登場していた星野さんは、この「星野源しか出ない夏フェス」を3日目と称して、ヘッドライナーからトリまで全て出場アーティストは星野源のみ!という体で、ラジオが進行していきました。

ふだんはSEで流れる音楽もサポートメンバーによる生演奏という豪華さ!「聴いてくれてるみんな、全員アリーナだからね!」「ぜんこくー!!」と、リスナーをフェスの観客にみたてたライブ演奏を繰り広げました。

肝心のセットリストは、「化物」「地獄でなぜ悪い」「Snow Men」「桜の森」「SUN」など、星野さんのヒット曲を連発。ヘッドフォンを通して、細かい音までしっかりと楽しめる贅沢な時間でした。※8月の放送のため、まだ新曲発表前だった「恋」は演奏されていません。

▼いつもの下ネタトークも全開!

出典 https://twitter.com

もともと下ネタトーク全開の星野さんのラジオ。この放送でも、「星野源しかいない夏フェスでは、チェリー席(童貞男子限定)、ピーチ席(ピーチ席)を設けています。」「セックスしているかーい!」と叫ぶなど、いつもの下ネタがあふれまくる放送は相変わらず(笑)。

リスナーからも歓声や、フェス会場現場リポートが届けられたり、星野さんとリスナー達が一体となって作り上げている、そんな風に感じさせる内容でした。放送当時は、夏フェスのハッシュタグ「#星野源しかでない夏フェス」が大盛況でTwitterのトレンド入りする賑わいをみせていました。

▼「ラジオで音楽をやるのが夢だった」熱い星野さんの想い

出典 http://www.allnightnippon.com

「全部生放送で、楽器をいれて、最初から最後までやる」ということが夢だったという星野さん。通常、どこか別のホールなどで公開生演奏などを行うケースはありますが、この放送のようにラジオブースに直接機材を入れての演奏というのは本当にレアなケースだと思います。しかし、星野源さんの「音楽を届けたい」という思い、それに応えたスタッフとバンドメンバー、フェスを楽しむリスナー達、それぞれのパワーで完成した「星野源しかいない夏フェス」でした。

ラストの曲の前に流れたスタッフからの口上が、その気持ちを代弁しているように思います。

そして2時間にわたってラジオの前でたくさんの拍手と歓声をお送りくださり本当にありがとうございました。いよいよフィナーレ、最後の1曲です。

第2スタジオのブースからお届けしたこのライブ。
華やかな照明ありません。
四畳半のような狭いスタジオです。

しかし、ラジオは想像のメディアと申します。どうかみなさんの脳裏の中に、このアンコールのラストステージを思い描いてください。最後は、みなさん一人一人の耳元へ、感謝の思いを込めてお別れの歌を届けます。

出典「星野源のオールナイトニッポン」2016年8月22日放送より

当時、「星野源しかいない夏フェス」リスナーたちは…

当時リアルタイムで放送を聴いていたリスナーたちの放送終了後のツイートをみると、まるでライブ終了後の観客のような熱い気持ちが伝わってきます。

これまでもスペシャルウィークでは面白企画を連発!

もともとラジオが好きで、自ら「やりたい!」と始めたという「星野源のオールナイトニッポン」では、これまでに「夏フェス」以外にも様々な面白い企画を行っています。

≫≫藤井隆と2時間カラオケ!

12月13日に放送された番組では、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でも共演している藤井隆さんをゲストに迎えて、2時間カラオケタイム!ラジオブースにカラオケ機材を投入し、自身の曲・好きな曲を2人で思いっきり歌いまくる…という前代未聞の企画でした。途中には、同じくドラマで共演中のみくりちゃんこと新垣結衣さんからのメッセージも!

こちらも抱腹絶倒、聴きごたえのある2時間で、音源化を希望する声がすでに多く寄せられています。

▲聴き逃した方は、こちらで放送から1週間以内は視聴ができます!気になる方はチェックしてみてくださいね。スマホではhttp://radiko.jp/からアプリをダウンロードしての視聴も可能です。

≫≫ケンドー小林と下ネタ全開トーク

6月13日の放送では、芸人ケンドー・コバヤシさんが登場。ラジオブースの机に並ぶTENGAと同じボーダーのシャツを着てきたケンコバさんとのトークは下ネタ全開。ふだん以上に、ディープな世界へと突入しました。

イヤーブックでは、ライブ先行予約や番組観覧応募も!

今回、発売されるオフィシャルイヤーブックには、購入者限定のスペシャルサイトのアクセスコードが封入されており、このサイトではライブチケットの先行予約や番組観覧応募などのサービスが受けられるようになっています。いま「日本一ライブが取りづらい男」とも言われる星野源の今後のライブチケットをゲットしやすくなるチャンスですよ!

「逃げ恥」で星野さんのファンになった方にも、楽曲が気になった方にも、星野さんの魅力満載&お得満載のこのオフィシャルイヤーブックは必見の1冊です。

この記事を書いたユーザー

みかん箱 このユーザーの他の記事を見る

へっぽこライターですが、文化的雪かきを目指して精進しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら