自民党のホープ、小泉進次郎議員

2008年に初当選し、現在そのキャリアが3期目を迎えようとしている、自由民主党の小泉進次郎議員。

人気議員として、選挙の応援演説などにも引っ張りだこですよね。

そんな彼といえば、兄はイケメンタレントとして知られる小泉孝太郎さん、そして父は元内閣総理大臣の小泉純一郎さん、さらに祖父や曽祖父も政治家という、言わずと知れた政治家のサラブレッドでもあります。

35歳にして、重役をこなす逸材

爽やかなルックスと丁寧な喋り口調で、誰からも愛される存在である彼は、もはや”政界のアイドル”的人気を博していますよね。

もちろん、35歳という若さにして自民党青年局長や農林部会長を務めるなど、早くも活躍を見せ、政界きっての”若手のホープ”として高い注目を集めています。

「お前がお母さんだと思っている人、実は…」

そんな進次郎さんが、12月11日に滋賀県で行った演説の内容が”ぶっ飛んでいる”と話題を呼んでいます。

地域住民とのつながりやコミュニティーの重要性を見直し、次世代の育成を地域ぐるみで行うことの大切さを訴えるために行われた演説で、進次郎さんが発した言葉というのが…

「私は、人生で一番驚いた瞬間というのがあるんです」

「中学2年生の時、うちの親父が私と兄の孝太郎を”ちょっと来なさい”と呼びました」

出典「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系・12月12日放送)

突然のお父さんからの呼び出しに、「父は癌なのではないか」と察したという進次郎さん。しかし、お父さんの口から語られたのは、そんな想像をはるかに超える衝撃の事実だったそうで…

「実は、お前たちが小さい頃、お父さんは離婚してな。今、お前たちがお母さんだと思ってる”ママ”は、俺のお姉さんなんだ

出典「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系・12月12日放送)

なんと、父親が離婚していたという事実と、自分の母親だと思い込んでいた存在が、父の実の姉であったということを突然明かされたという孝太郎さんと進次郎さん。

進次郎さんはあまりのショックに涙が止まらなかったと当時を振り返ります。さらに、驚きの告白は止まらなかったようで…

「あと、実は別れたお母さんの方に、”お前たちの弟がいる”

出典「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系・12月12日放送)

さらに、生き別れになった母の元に、血の繋がった弟がいることまで明かされたという進次郎さん。

中学2年生の幼さでこの事実を受け止めた彼は、「頭が真っ白。何が何だかわからない」という感覚に陥ったそうです。

彼が伝えたかった事とは?

自身に起きた衝撃の過去を赤裸々に明かした進次郎さん。会場にいる誰もが、突然の告白に戸惑った事と思います。しかし、彼はこう話を続けました…

「なぜ、今まで同級生、そのお父さんお母さん、地域の町内会の人。なぜ誰も、うちのそういった事を口にしなかったんだろうか?と思ったんです」

「これは、地域ぐるみの壮大な善意の嘘によって自分は守られてきたんだと思ったんです」

出典「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系・12月12日放送)

自らの複雑な家庭環境の事を、敢えて教えてくれなかった周りの人たちに対し、”善意の嘘によって守られてきた”大逆転の発想で演説を締めくくった進次郎さん。

地域住民が自らに長年つき続けていた嘘を、このように考え、地域コミュニティーの大切さを訴える公演の話題に使うとは、さすがですよね。

巧みな話術によって、自らの境遇を”いい話”へと変えてしまった進次郎さんの公演の様子は、SNS上でも大きな反響を呼んでいます。

似たような経験をした事がある人なら特に、胸に突き刺さるものがあったのではないでしょうか。

マイナスをプラスに変える転換力

今でこそ、純一郎さんの元妻も雑誌のインタビューで離婚の過去を振り返るなど、その事実を公のものとしている小泉家ですが、離婚当時まだ幼かった孝太郎さんと進次郎さんには地域の人たちまでもが協力して、その事実を隠しておこうと努力してきた過去がありました。

ちなみに、両親の離婚から30年余りの時を経て、今では孝太郎さん、進次郎さんと、その弟さんは交流をもつほどに関係も回復しているのだそうです。

「頭が真っ白」になるほどに衝撃を受けたという過去も、プラスの出来事として語れる彼の転換力とトーク力はアッパレとしか言いようがありませんね。

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら