激動の昭和の時代を振り返るとともに、現代に残したい当時の学びを探るコーナー「昭和土産ばなし」

日本では戦後、1945~1975年までの約30年間、とにかく子どもたちの知識量を増やすために「詰め込み教育」が行われていたといいます。それは、たびたび「ゆとり教育」と比較されることがありますが、一体どのような教育だったのでしょうか?

今回は、当時の時代背景と照らし合わせながら「詰め込み教育」について探っていきます。

「詰め込み教育」とは一体どのようなものだったのか?

出典Spotlight編集部

今回、「詰め込み教育」について伺ったのは東京大学大学院教育学研究科の市川伸一教授

市川教授:「詰め込み教育」とは、試験のために知識の詰め込みを要求していた“知識偏重型”の教育です。当時、学生は偏差値で評価されたため、「偏差値教育」とも呼ばれていました。

———具体的にはどのようなものだったのでしょうか?

市川教授:これは私より少し上の世代の話ですが、当時は英単語を覚える時は、英和辞書を一言一句漏らさずに覚えていたようです。まさに、辞書を“食べて覚える”くらいの気持ちで臨むものでした。そういった努力が必要だったのは、「四当五落」(4時間の睡眠は合格、5時間を超えた睡眠は不合格)という言葉があり、睡眠時間を削ってまで勉強に励むことが、受験には欠かせない心がけだったのです。

“辞書は食べて覚えるもの”“5時間を超えた睡眠は不合格”、そういった当時の勉強に対するストイックさに驚きますが、実際それほどまでに追い込まなければ、打ち勝つことができないほどの受験競争が繰り広げられていたといいます。

ただし、そうした受験競争に参加する人口比率は、当初はそれほど高いものではありませんでした。それがしだいに高くなっていくことで、「詰め込み教育」と言われるようになっていくのです。

「詰め込み教育」はなぜ必要だったのか?

では、なぜそれほどまでに熾烈な受験競争が繰り広げられるようになっていったかというと、やはり現代でも根強く残る“就職時の学歴フィルター”が原因だったようです。

市川教授:戦後は、肉体労働である農林水産業や鉱工業に代わって、事務職、専門職、開発職などの頭脳労働である「ホワイトカラー」と呼ばれる職業が、戦前の1.5倍、2倍と徐々に増えてきたのです。資料を作成したり、読み込んだりという頭を使う仕事は、受験勉強によって得られる知識や能力を必要としました。そのため、頭がよい=学歴が高いと見なされ、学歴の高さが重視されたのです。

こうした“学歴至上主義”の考えが、目指すは難関校・難関大学突破!とそそのかしたため、生徒は人よりも知識を詰め込もうと努力せざるを得なかったのです。学校も進学率を上げることが大きな役割になっていきます。

「詰め込み教育」の方が覚える英単語は“約400~500語”も多かった

「詰め込み教育」は、受験突破のために生まれたものですが、その風潮は義務教育でも見てとれます。中学校の英語を例に、教科書の単語量と授業時間について着目してみます。

出典和田久さん「戦後中学校教育における言語材料の変化についての考察」

上図によると、「詰め込み教育」時代のほうが、取り上げられている英単語は、なんと“約400~500語”も多かったことが判明!英語の授業時間についても、1週間に“約2時間も多く、他教科について学習時間・学習内容は多い傾向にあったといいます。

その理由について、「そもそも、当時の学習指導要領が定める教育内容が多かったため、受験勉強だけでなく義務教育においても“知識の詰め込み”が引き起こっていたのではないか」と市川教授は述べています。

しかし、教科書の丸暗記がマストな勉強法だったわけではなく、“どうすれば効率的に覚えられるか?”などと自分なりに工夫して受験勉強を乗り切っていた学生もいたといいます。

また、受験競争は、特に難関校・難関大学が集中している大都市圏で激化していたため、その影響を受けにくい地方では、部活動と両立しながらのびのびと勉強していた生徒もいた。

したがって、「詰め込み教育」の時代でも、全ての生徒が追い詰められていたわけではないようです。

「詰め込み教育」の終焉

1975年になると、勉強についていけない“落ちこぼれ”といわれる生徒が目立つようになったといいます。しかし皮肉にも、学校は生徒を成績の良し悪しで評価する時代。ついに、教師に対する過激な反発が引き起こったとか。

———どんな反発が引き起こったのでしょうか?

市川教授:校内暴力が、生徒間だけでなく、学校や教師に対しても頻発しました。全国で200件以上も引き起こった事件で、社会問題にもなりました。

例えば、「中学生が腹いせに、校舎の窓ガラスを割る」という物への八つ当たりはよくある話で、それだけでは飽き足らず、教師に直接暴力を振るっていたこともあったといいます。中には、「卒業式に“お礼参り”として生徒が襲撃しに来るので、教師はそれが怖くて職員室から出られなかった」というエピソードもあり、生徒は学校への不満を暴力に訴えるしかないほど追い詰められてしまっていたのです。

さらに、いじめや不登校などの学校病理現象も多発したことで、「子どもたちへプレッシャーをかけすぎているのではないか?」という不安の声が目立つようになったといいます。

そこで、生徒にもっと心身的な余裕を持たせようと、1980年から、徐々に「ゆとり教育」という概念は広まりました。これまでになかった“一人ひとりの個性を大事にして、自発的な意欲を身につけさせること”を尊重したのです。

1998年には、心と時間のゆとりを確保するために、「ゆとり教育」の象徴的改革である、小・中学校では教科書内容の“3割削減”という学習指導要領が告示されました。完全週五日制や「総合的な学習の時間」が導入されたのもこのときです。

「詰め込み」と「ゆとり」。両者のいいとこ取り教育が必要

しかし、「ゆとりを与えたことで、かえって学生の学習意欲は低下し、学力低下に繋がってしまったという面もある」と市川教授は懸念しています。つまり、学習の目的や方法がわからず、“自力で何をどうすれば良いのか?”と途方に暮れてしまっている学生がいるといいます。

そのサポートとして、市川教授曰く「習得と探究の両立が必要」とのこと。まず、習得とは、“基本的な知識や技能をしっかりと身につけさせること。そして探究とは、“自分の興味をもった課題を追究すること”を意味しています。この両方を通じて、実際に生徒は「この知識は、こんなところで生かせるんだ」と気づき、学習することの意義が伝わると言うのです。

また、習得にしても、かつての教師のように「うまく教える」ということを大事にしながら、「子どもに考えさせる」という場面をつくらないといけない、ということで「教えて考えさせる授業」を提案しています。今や、脱ゆとりの時代となって、こうした方針で文部科学省も動いているようです。

確かに、「詰め込み教育」は、“受験のため”“就職のため”に行われていたため、本来学校教育が目指すべき目的を見失っていました。

そもそも、私たちが勉強を通じて本来目指すべきことは、社会の役に立つこと仕事を円滑にこなすこと日常生活を豊かに過ごすことなど、生きていく上では欠かせない要素のためなのではないでしょうか?しかし、いずれにせよ、しっかりと蓄積された知識がなければ、物事を理解して新しいものを生み出したり、自分の考えや感情を表現したりすることは十分に発揮されないのです。

したがって、右往左往している「詰め込み」と「ゆとり」ですが、“両者のいいとこ取り教育”が、悩める生徒たちを救う羅針盤になるのではないでしょうか。

(取材協力:東京大学大学院 教育学研究科 市川伸一教授)

【市川伸一教授 プロフィール】
専門は教育心理学。児童・生徒への学習相談や、学校の授業づくりを実践しながら学習・教育の研究をしている。中央教育審議会教育課程部会委員。著書に、『学習と教育の心理学』(岩波書店)、『学ぶ意欲の心理学』(PHP新書)、『学力低下論争』(ちくま新書)、『教えて考えさせる授業を創る』(図書文化)など。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら