記事提供:messy

インタビューを受けて下さった会議室には、こんなものも。ケースの中にはコンドームの形をしたガラスたちが存在感を放っています。

今もなお、爆発的売れ行きの“世界最薄コンドーム”「サガミオリジナル001(以下「001」)」を生みだした「相模ゴム工業株式会社」。

今回お話を伺ったのは、同社の「営業企画室」に配属され入社3年目を迎える磯部仁沙(いそべ みさ)さんです。

大学卒業後、ホテル業界へ就職しますが、「広報」「商品企画」に携わりたいという自分の軸を見つめなおし、入社1年目で退職を決意した磯部さんは、「面白い会社」を求め、転職活動をスタートさせます。

なぜコンドーム業界を選んだのか?女性用アダルトビデオがきっかけだったといいます。

会議室には、「相模ゴム工業」で販売されているコンドームがズラリ。

――相模ゴム工業「営業企画室」での、具体的な仕事内容を教えていただけますか?

磯部 「営業企画室」では、大きく分けて「広報」「企画」「マーケティング」という3つの業務を3名で担当しております。ひとつめの「広報」では、様々な媒体様からイベント協賛や広告のご提案を受けて、実施についての打ち合わせをします。

今は、プレスリリースの書き方も勉強中です。ふたつめの「企画」では、開発担当者から新たな技術について説明を受け、商品化した時のターゲット層や、それに併せてパッケージを考えていきます。

最後の「マーケティング」では、既存の商品に対して販売戦略や広告宣伝を考えていくという内容になります。

磯部仁沙さん。

――就職活動中から、企画・広報業務に興味を持っていたのでしょうか。

磯部 転職で「相模ゴム工業」に入社したんですが、就職活動中も消費者が商品やサービスに触れる一度目の機会を作りたい、というハッキリとした軸が自分の中にはありました。大学卒業後、ホテル業界に就職が決まりフロント業務を行っていました。

希望職種は営業や企画、広報業務だったのですが、5年間はフロント業務や現場での業務だと聞いて…、まだ入社して1年目の1月でしたが、少しでも早く自分の志望する仕事をさせていただける、面白い会社を受けたい!と、転職先を探しはじめました。

――そして「相模ゴム工業」に。

磯部 募集していた仕事内容が、「営業企画」で“広報や商品企画”って書いてあって「これは、私が求めているものにピッタリだ!」と思って、面接を受けました。

――面白い会社を探していた、ということですが「相模ゴム工業」の面白さとはどういったところで感じていますか?

磯部 社長がユーモアに溢れてますね。社長との最終面接のときも、私がケニアでキリンを見た雑談しかしていなかったんですが、それを聞いてくださって終わったような(笑)。

あと、弊社にコンドームの形した植木があるんですが、社長の送り迎えをしている弊社の社員が、空いている時間に剪定していて、ふと気が付いたらこうなっていたという(笑)。おもしろ会社です。

ひしめきあってますね。…ん?あれ?

これはもはや、コンドームの形というよりも…。

女性の“性”の裏側を支える仕事に興味があった

――「営業企画」といっても業種は様々あると思うんですが、コンドーム業界に興味があったんですか?

磯部 ありました。大学時代に、女性用アダルトビデオの研究をしていたことがありまして。

――研究を?

磯部 出演されている女優さんや、表に出ている方の情報はたくさんありますが、女性用AVのメーカーさんって、女性が女性のために作ってるじゃないですか。

そういう女性の性の裏側を支える仕事って面白いなぁと興味があってメーカーさんをはじめ、大学時代に色々と研究していたんです。

その流れでコンドームメーカーにも興味が沸いて、転職活動の際、広告代理店などの企業とともに、相模ゴム工業にもチャレンジしてみました。

でも大学時代は、自分が性に関する業界で働くことになるとは思ってなかったので、ミイラ取りがミイラになったなって思っています(笑)。

――その他の企業も受けていたということですが、「相模ゴム工業」入社への決め手はなんだったのでしょうか。

磯部 私の面接をした上司からの言葉が1番の決め手でした。その上司から内定の電話を頂いたんです。応募者数は200名だったらしいんですが、電話口で「おめでとうございます!200分の1は磯部さんになりました!」って。

こんなに素敵な言葉を言える人のいる会社で働きたい!と決めました。

――他に携わってみたい部署や業務はありますか?

磯部 今、「営業企画」で3年目を迎えて、出来ることも少しずつ増えてきている状態で、楽しくなってきているのと、2020年の東京五輪の選手村でコンドームが配られるんですが、それに「営業企画」が携っているので、それまでは今の部署で頑張りたいと思っています。

将来の目標としては、弊社はフランスに関連会社があって、弊社で作った商品をフランスで販売しているんですが、そこで何かチャレンジできることがあれば、と思っています。

東南アジアは「薄さ」、欧米は「アレルギーフリー」

――製品のお話もお伺いしていきたいと思います。消費者の動向はどのように変化してきているのでしょうか。

磯部 1900年代中頃はベビーブーム、1980年代はエイズの問題が起こったことも影響して、コンドームの認知が高まり、売上げも安定していたんですが、2000年以降、「少子高齢化」、「男性の草食化」そして「セックスレス」と性生活に関しての諸問題が影響して右肩下がりの状況が続き、2012年は今までにないくらい落ち込んでしまいました。

しかし2013年度に薄型コンドーム「サガミオリジナル001」(以下001)が発売したこともあり、売れ行きは、2013年度から少しずつ上向きに回復してきています。

――その「001」ですが、2015年6月に販売を休止しています。

磯部 日本の消費者様以外にも訪日外国人の方々がお土産として大量に購入される「インバウンド消費」という状況もありまして、生産が追いつかなくなってしまい、販売休止をしていました。

ようやく今年6月に再販売になったのですが、現在数量制限を設けて販売している状況です。

――特に中国の方に大人気だそうですが、日本も中国も「コンドームは薄い方がいい」「薄い方が売れる」という傾向なんでしょうか。

磯部 中国もそうなんですが、やはり東南アジアは我々日本人と感覚が似ていて、「サガミオリジナル」でも人気の理由は「薄さ」だと聞いています。

――中国でもコンドームは生産されていると思うんですが、わざわざ日本で爆買いするのはなぜでしょう。

磯部 食べ物やIT機器でもそうですが、中国の方は自分の国で作られた商品に対して、信用度は低いようで「made in japan」を求めていますね。

弊社の「サガミオリジナル」も中国パッケージにして販売しているんですが、日本の表記を敢えてそのまま残してくれと依頼されます。

――中国製と比べて、価格の違いはあるのでしょうか。

磯部 日本製品は高いんです。中国のゴム製コンドームよりも、日本のゴム製コンドームは倍近く高い。更に、どちらも日本製だとしてもゴム製と「サガミオリジナル」で使用しているポリウレタン製は倍近く高い。

そうすると、中国製のコンドームと「サガミオリジナル」では、4倍近くの価格差となります。

――それでも爆買いしてしまうほど、サガミオリジナルの技術は信頼性が高いのかもしれません。

磯部 そう感じますね。価格は高いんですが、品質だったり技術力、あそこまで薄くできているのに、コンドームとしての機能が損なわれることなく備わっているっていうところが、評価していただいていると思います。

ただ、インバウンド消費などで売上回復とはいっても、高齢化の波というのは今後も当分続くものと思っておりますので、国内市場だけを見ていたらいつか行き詰ってしまいます。

いかに海外に向けて日本のコンドームの安全性や利便性が高いのかを知ってもらうべく動き出しているという状況です。

――東南アジア以外の国々でも、「世界最薄」というのは注目されているのでしょうか。

磯部 ヨーロッパやアメリカの方たちは、コンドームを使う文化が日本と少々異なるようです。親しい夫婦間や恋人同士のセックスではコンドームは使わず、あくまで風俗やビジネスの性病予防のために使われることが多いんです。

あと、日本の比じゃないくらいゴムアレルギーをお持ちの方が多いそうで、「薄さ」よりも、「アレルギーフリー」と言う点が重視されています。

女性にコンドームの素晴らしさを伝えられる機会を作っていきたい

――過去のコンドーム製品も見てきて、変化を感じることはありますか?

磯部 今までのコンドームを見ると、パッケージの工夫など外見のインパクトで勝負しているものが多いなと感じました。ですが最近ですと、「サガミオリジナル」もそうですが、コンドームの機能が求められる時代になったと感じます。

昔のコンドームは鮮やかなパッケージが多い。

「サガミオリジナル」はシンプルでスマートな印象です。

――男性が装着する避妊道具ではあるゆえ、自ら購入して携帯する女性ユーザーは少ない印象が強いです。コンドーム業界で働く女性として今後、展開していきいたいことはありますか?

磯部 私自身、入社してから勉強してわかったことなんですが、ひとことで「コンドーム」と言っても、素材、形、機能とこんなに種類があるのかって驚いたんです。

広報という仕事を通して、女性にもコンドームの色々な違いを知っていただくことで、その人が持っている悩みを解決できればと思います。もっと女性にコンドームの素晴らしさを伝えられる機会を作っていければ嬉しいです。

――女性がコンドームに求めていることなど、女性の声を聞く機会はあるのでしょうか。

磯部 サガミオリジナルにはアンケートはがきが封入されてまして、女性の方も意見を送ってくださるんです。

アンケートには、ぬくもりについて尋ねる箇所があるんですが、ポリウレタン製の「サガミオリジナル」は熱伝導率が高いため、パートナーのぬくもりを瞬時に感じ取れる。

と評価してくださっている回答を読むと、やはり、女性は“ぬくもり”という点をすごく大事にしているのかなって思いますね。

あと、ananたっぷりゼリーという潤滑剤がたっぷりついた商品もあるんですが、女性はストレスでうるおい不足になっている方が多いんです。

そういった方々の「痛みもなく滑らかにセックスがしたい」という声から、こちらの商品は生まれました。

◆続く後編は…絶大な信頼を誇る商品の影には、数多くの手作業と検査…「相模ゴム工業」の工場見学の様子をお伝えします!

権利侵害申告はこちら