番組スタッフさんからは今回の企画の説明段階で「仲直りできなくても結構です」と言われていました。

「ただ、相手のことを、もう少しだけ知りませんか?」と。

放送の中でもありましたが、「お前も参加しろよ」と言われる痛みは、岡村さんが他の誰よりも分かってくれると思っていたのに、その岡村さんから言われてしまったことが、僕はまぁ、寂しかったようです。

「そういえば最初は『寂しい』だったなぁ」と、収録をしながら思い出していました。

今回、岡村さんと入れ替わってみて、いろんなことを知りました。

ラジオのリスナーのことをとても信じていること。

昔からの親友をとても大切にしていること。

僕と同じように、とても不器用なこと。

そして、抱き合うには、理想的な身長差であったこと。

これには本当に驚きました。本当に、何の引っ掛かりもなく、パコッとハマったのです。顎の下に、岡村さんの頭のてっぺんがパコッとくるのです。

岡村さんは僕の胸に顔を埋めてらしたので、僕は岡村さんの顔面を確認することはできません。

そうなると、相手は完全に女の子。

しかも、ちょうどいいサイズの女の子です。

もう、気持ちは盛り上がっちゃってますし、サイズ感も感触もバッチリ女の子なので、こうなってくると、10年先輩だろうが関係ありません。

頭をポンポンしてしまいます。

あと一歩で、「お帰り。今日もよく頑張ったね」と言ってしまうところでした。

岡村さんが、こんなにも抱きやすい先輩だとは知りませんでした。

収録後、呑みに行く約束をしたのですが、あの日はお互いにスケジュールが埋まってしまっていて叶いませんでした。

なので、あの日から、まだ話せていません。

「あそこのシーンでは実は…」

「僕もあの時…」

といった会話が、まだできていません。

きっと、そんな裏話をする場になるのでしょう。

来週(15日)の『岡村隆史のオールナイトニッポン』に生出演することが決まりました。

是非、お聴きください。

以上、地獄的な番宣でした。

権利侵害申告はこちら