先日も“お店の通路の真ん中をベビーカーで歩く人”に関する気付きがありましたが、今回また同じくベビーカーに関する、あるツイートが話題になっています。

Licensed by gettyimages ®

※写真はイメージです。

スーパーやショッピングモールなどで、ベビーカーにベビー(もしくは幼児)を乗せずに、買い物した荷物を乗せている人を見かけたことがあるかと思います。みなさんはそれを見て、どう思いますか?

「なんで子どもを乗せずに荷物を…?」
「子ども乗せてあげなよ」
「ベビーカーに乗せてないから子どもが暴れるじゃん」
「ベビー乗せろよ」


そんな風に思ったことはありませんか?たしかに、走り回って危なっかしい子どもを見たら「ベビーカーに乗せておけばいいのに…」なんて思うこともあるかもしれません。

そんな意見が出るたびに、Twitterユーザーの「深爪」さん(@fukazume_taro)は、あることを感じているそうです。

“もうこれを義務教育レベルで教えるべき”だと言うのですが…

その内容がこちら…

「ベビーカーに荷物乗せてるヤツなんなの?ベビー乗せろよ」って意見を見るたびに、幼児というのは「余は歩きたい。降ろせ」「疲れた。乗せよ」「抱っこじゃ」みたいなのを10分置きに繰り返す生き物であると義務教育で教えるべきだと思う。

出典 https://twitter.com

たしかに…!!

Licensed by gettyimages ®

「余は歩きたい。降ろせ」
「疲れた。乗せよ」
「抱っこじゃ」

その様子はもうまるで王様…(笑)でも確かに幼児はそうなりますよね…。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

こちらのツイートは、投稿されるとたくさんの人の共感を得て、3日で44,000以上のRT(リツイート)がされるほど注目を集めました。見た人たちからは…

まさにその通り!
ほんとそうなんですよね!
ほんとコレです…ありがとうございます…
・幼児は恐竜そして殿様分かります
めっちゃわかります、それ
こう言う意識をちゃんと教える事って本当大事!
「余は乳を所望じゃ」も追加で

などの声がたくさん寄せられています。

『いつか来た道・いつか行く道』

リプライの中にもありましたが、『いつか来た道・いつか行く道』(正式には『子供叱るな来た道だもの 年寄り笑うな行く道だもの』)という言葉があるとおり、私たちにも王様だった時代があったはずです。

“義務教育で教えるべきだと思う”というのはあくまで例えですが、誰しもが通って来た道を行く幼児たち、それに悪戦苦闘しているパパやママたちのことは、理解ある目で温かく見守ってあげたいものですよね。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら