米国ニュージャージー州在住のデービッド・ペナーさん(68歳)は、今年9月に愛する妻のナンシーさん(往年67歳)を失いました。

出典 https://www.youtube.com

今年9月に妻を亡くしたデービッドさん。

15年前、デービッドさんは、妻と当時ティーンエイジャーだった2人の息子と共に、クリスマスツリーを探すために地元のツリー畑を訪れました。

出典 https://www.youtube.com

デービッドさんが家族と訪れたツリー畑。

「その日はとても寒い日でした。でも、私は手袋をしていませんでした。家族と一緒に選んだクリスマスツリーを掘り起こしている時、私の手はたぶん寒さで麻痺していました。それで、指輪が外れて落ちてしまったことに気がつかなかったのです。」

出典 http://www.insideedition.com

INSIDE edeitionのインタビューより

そのことに気がついたデービッドさんは、クリスマス畑に戻って懸命に指輪を探しましたが、見つかりませんでした。

今年4月、ツリー畑のオーナーのジョンさんがトラクターを使って、ツリーの苗を植えていた時のことです。

陽の光を反射して何かが光っていることに気が付きました。

ジョンさんは、トラクターを降り、その光る物が何なのかを確かめることにしました。

そしてジョンさんが発見したのは、指輪でした。

出典 https://www.youtube.com

陽の光が反射したあたりの畑の土の中から出てきたのは、指輪でした。

それは、結婚指輪でした。指輪の内側にはこう書いてありました。

”デービットへナンシーより愛をこめて 1974年7月20日” 

出典 http://www.insideedition.com

INSIDE editionより

出典 https://www.youtube.com

畑で発見された実際の指輪

ジョンさんは、これは持ち主にとっては、とても大切な指輪であると感じ、自分で持ち主を探そうとしました。しかし、残念ながら、ジョンさんは持ち主を発見することはできませんでした。

出典 https://www.youtube.com

ツリー畑のオーナーのジョンさんは、発見した指輪の持ち主を探しました。

指輪を発見して7か月後、自分で探すのは無理だと判断したジョンさんは、地元のニュース局に指輪の持ち主を探してもらおうと写真を持ち込みました。

そして、それは報道されました。

クリスマス畑で指輪が発見されたというニュースが流れてから、1週間も経たないうちに、”もしかしたら自分が15年前に、クリスマス畑で無くした結婚指輪ではなかろうか?”という男性が現れました。

その男性はデービッドさんでした。

出典 https://www.youtube.com

”自分の指輪ではないだろうか?”とデービッドさんが名乗りを上げました。

確かにそれは、15年前に家族でクリスマス畑を訪れた時に無くした大切な結婚指輪でした。

デービッドさんは、この奇跡の発見をとても喜びました。でも、当時、デービッドさんの傍らにいた愛する妻のナンシーさんと、その喜びを共有することはできませんでした。

出典 https://www.youtube.com

今年9月に亡くなられたナンシーさん

デービッドさんは、これが自分の指輪に間違いないという証拠として、ジョンさんに結婚証明書を見せたそうです。

その結婚証明書には、”デービッド”さんと”ナンシー”さんが”1974年7月20日”に”結婚”したという情報が載っていました。指輪に刻まれていた言葉とすべて一致したのです。

デービッドさんは、”結婚指輪が15年ぶりに戻ってきたことで、亡くなった妻が再び自分の元へ戻ってきてくれたような気がした”と話しています。

妻のナンシーさんは、今年9月30日に他界しました。デービッドさんとナンシーさんの結婚生活は42年間続きました。

出典 https://www.youtube.com

デービッドさんの指に15年ぶりにはめられた結婚指輪

15年前、結婚指輪を無くしたデービッドさんは、当時妻のナンシーさんと話し合った結果、”指輪はいつかきっと戻ってくるだろう”という結論に達し、指輪を買い替えることはなかったそうです。

出典 https://www.youtube.com

妻を亡くしたばかりのデービッドさんにとって、これは最高のクリスマスプレゼントとなりました。

これは、天国に逝かれたナンシーさんからデービッドさんへのクリスマスプレゼントだったのではないでしょうか?

"To David, Love Nancy" (デービッドへ ナンシーより愛をこめて)

指輪に刻まれていたこの言葉は、15年後に再び、こうして見事に蘇ったのです。

出典 YouTube

参考資料

アメリカでは、クリスマスツリーはこのようにツリー畑から直接、自分たちで選んで掘り起こして購入する人が多いです。それもクリスマスの1つの楽しみとなっています。

日本でイチゴ刈り、ブドウ刈り、サツマイモ掘りなどを楽しむのと、同じ感覚ではないでしょうか?

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら