海外ではパスポートの申請をインターネットで行えるところが増えています。今回話題になっているのは、ニュージーランドでパスポートを申請しようとしたアジア人の男性に起こったお話です。

まずはこの画像をご覧ください。

台湾生まれで現在はニュージーランド国籍でオーストラリアの大学に通うRichard Leeさん(22)がFacebookに投稿したこの写真。

出典 https://www.facebook.com

この赤で囲まれた部分に注目!
「あなたがアップロードしようとしている写真は規格に沿っていません。理由は*被写体が目を閉じている

ちゃんと開けてます

出典 https://www.instagram.com

確かに大きな目とは言えませんが、しっかり開いていますね。

「もう椅子から転げ落ちるほど爆笑するしかなかったですよ。僕の目が小さいことは自分でも知っていますが、まさか機械にもわかってしまうとは!大笑いです。」

出典 http://www.cnn.com

「あまりにおかしかったから投稿した」という写真ですが、ネットでは「人種差別では?」という声も上がっていますが、Leeさんは、全く気にしていない様子。

こんな写真も投稿しています。

これなら受理されるかな?

出典 https://www.facebook.com

コンピューターが判断することなので、影の具合や光の当たり方で不具合は良く起こるそうです。

結局何枚か写真を撮りなおして、無事受理されたそうです。もちろん上の面白写真ではありませんよ!

無事 パスポートが手元に

出典 https://www.facebook.com

ニュージーランドではパスポート写真の撮り方ハウツー動画も!

出典 YouTube

ニュージーランドの総務省にあたるNew Zealand Department of Internal Affairs作成の動画ですが、なかなか面白いです。

背景には何も置かない

出典 https://www.youtube.com

壁に絵がかかっていてもいけません。シンプルな背景にしましょう。

顔が全部しっかり見えていればOK

出典 https://www.youtube.com

メガネに反射物が写っていてはいけません

出典 https://www.youtube.com

他にもはっきりガイドラインが説明されていてなかなかわかりやすい動画です。

こちらにも

出典 YouTube

海外では証明写真を撮りに行かないでも自分でパスポート写真を撮影してもOKなので、こんな動画が配布されていると、とても助かりますね。

以前アメリカのニュースで、アジア人の女性がカメラの画像認識が普通に笑っているだけなのに「まばたきしていませんか?」と表示されると証拠写真をSNSに投稿して話題になったことがあります。

アジア人人口が増え続ける北米やオーストラリア。これからはアジア人の顔をしっかり認識できるシステムの導入も必要になってくるかもしれませんね。目の大きさは人それぞれなんですから!

この記事の執筆ならびに画像の使用にあたってはInstagram @richyfancy さんから事前に承諾をいただいています。

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 育児
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら