皆さんは義父母様とのお付き合いってどのようにされていますか?

我が家は義父母様と隣同士で住んでいることもあって、大変有り難いことに、よくおしゃべりをしたり食事をしたりと仲良くさせて頂いています。

それでも私が時々感じるのは、夫と自分の義母様への接し方の違い。

もちろん、夫にとっては両親、私にとっては所謂舅・姑なので、接し方が大きく違うのは当然のことだと思います。でも実の両親とはいえ、所帯をもつ者になればきちんとした対応をしなければならない時があるのでは?と思います。

今回はそう感じた瞬間について書いてみました。

「お礼?そんな気を使わなくていいよ」

何か義父母様になにかして頂いたりご迷惑をかけたりした時に、夫からもお礼を伝えてもらうように言ったら、こんな風に返ってきたことがありました。

いや、家族の長として、『うちの家族に対して良くしてくれてありがとう』って意味で「ありがとう」って言ってほしいんですよ。

息子から「ありがとう」と言われて嫌な思いはしないと思うし、一言感謝を伝えるくらい手間も何もかからないと思うので、是非伝えてほしいです。

ただ「これ、お土産」と自分の実家からのお土産を渡す。

夫と一緒に私の実家に帰省して戻り、義父母様にお土産を渡しに行った時のこと。夫は大量のお土産の袋を運んでくれたんですが、それを渡すときに、全部まとめて「これ、お土産」とだけ言って義母様に渡してしまいました。

誰から何をもらったかきちんと伝えないと、全部「自分たちから」みたいになっちゃうよ!

「これは俺たちから。あとこっちの袋は○子(私)の実家から」と、簡単でもいいので説明をして渡してほしかったです。

結婚すれば、旦那様の実家と奥様の実家のお付き合いも始まります。どうせならお互いの実家同士も良い関係性を築きたいですよね。

お土産のお礼を言うためにお互いの両親の間に会話するきっかけができたり、お礼を言わなかったとしても、お土産を渡すことで両親の「仲良く付き合っていきたい」という気持ちが伝わるのではないかなぁと思います。

メッセージをオブラートに包まないで伝える。

そんな言い方してないのに……!

確かに「いる」「いらない」で言えば「いらない」ということなんですが…。でも、「いらないって」と短くまとめられてしまうと、まるで「いらないよそんなの」と返答したかのようにとられるんじゃないかと心配になります。

顔が見えない相手の意見を伝える時はもっとしっかり「声をかけてくれてありがたいと思っている」「お断りして申し訳ないと思っている」というニュアンスが伝わるようにしてほしかったなぁと感じました。

また、自分の息子に断られるのと嫁に断られるのでは、また印象が違うのではないでしょうか。出来れば「○子(私)がいらないってさ」ではなく、「申し訳ないんだけど××だからいらない」や「有り難いんだけど××だから必要ない」という言い方をして、「夫婦の意見」として伝えて欲しいです。

奥様と旦那様の実家の家族は「他人同士」から始まる。

旦那様は「結婚したら嫁も自分の両親も家族」と思うかもしれません。事実、戸籍上奥様は旦那様の姓になることが多く、旦那様からすれば奥様は新しい家族だし、実家もこれまで通り家族でしょう。

しかし、それはあくまでも「旦那様視点」からの話。奥様と自分の実家の家族は、結婚を機にご縁が出来た関係です。敢えて厳しい嫌な言い方をすれば、『お互い選べずして、旦那様の結婚が原因で家族になった他人同士』です。

奥様もご実家も、それぞれに旦那様との付き合いは長いでしょうが、奥様とご実家はそれより短い付き合いです。なので当然、遠慮もすれば気も使います。

それでも旦那様というご縁があって家族になったので、仲良くしたい、家族になっていきたいと思っています。そうなるためには、奥様とご実家の家族の意識や努力はもちろん必要ですが、関係を結びつけた旦那様の協力やサポートも必須だと思います。

もちろん逆もまた然りで、私の実家と夫が良い関係を築くためには、私が協力したりサポートする必要があると思っています。

夫には是非、「息子」以外に「実家とは違う家の家長」という意識も持ってほしい。

誰にとっても、実家は一生「実家」で、年を取ろうが結婚しようが、一生「息子」は「息子」です。それは当然です。夫には息子として、義父母様をこれからも大切にしてほしいと思っています。

でも結婚をしたら、戸籍上そうであるように、旦那様は「家長」になります。実家の「息子」というポジションから出て、「新しい家族の長」になります。

夫には是非「俺は『実家とは別の家族の家長』なんだから」という意識を持ち、「息子と両親」という意識のままではなく、私と一緒に「新しい家族と実家」という新しい意識を持って、義両親様とこれからも良い関係を築いていきたいなぁと思います。

この記事を書いたユーザー

餡子 このユーザーの他の記事を見る

仙台出身、結婚を機に夫の地元:栃木に移住。主婦。
0歳児の長男に振り回される日々を送っています。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら