日本科学未来館で7月2日(火)~10月5日(日)まで開催している企画展『トイレ?行っトイレ!~ボクらのうんちと地球のみらい』

本企画展は、普段の生活の中で大きな声ではあまり声で語られることのなかった「トイレ」を軸に展開。赤ちゃんからお年寄りまで、それぞれの年齢層でかかえる排泄の問題、そして、世界で約25億人がトイレを使えない環境にあるという現実を前に、地球上の一人ひとりにとって“幸せなトイレ”がどんなものなのかを、オープンに、そして愉快に語り合える、子どもから大人まで楽しめる内容となっている。

出典 http://news.mynavi.jp

非常に真面目な企画展のようですが、取り扱っている題材が題材なだけに、実にシュールな展示となっていました。

1. 大きなトイレの滑り台

出典 https://twitter.com

頭にうんちをかぶり、まるで自分がうんちになった気分でトイレのなかに滑り込みます。

2. 下水道の仕組み

出典 http://www.museum.or.jp

トイレ滑り台を滑り降りた先は下水道になっています。一緒に流れている茶色いのは…

3. 人間のうんちの状態を示すブリストルスケール

出典 http://www.museum.or.jp

「ブリストルスケール」…嘘みたいな名前ですが、うんちの状態を示す国際的基準だそうです。

それより何より、その茶色いやつ、モザイクかけなくて大丈夫ですかね…

4. 動物のうんち

出典 http://www.museum.or.jp

こういう展示もあるんですね。ちょっとホッとしてます。

5. うんちの臭い嗅ぎ分け

出典 http://ure.pia.co.jp

「うんち」「うんち+香料」「香料」の3つのにおいを嗅げるコーナー。

罰ゲームか何かですかね…?

6. うんちを作って便器に置いてみよう

出典 http://www.museum.or.jp

ねんどでうんちを作って便器に置いてみようのコーナー。

出典 http://ure.pia.co.jp

…。

7. 様々な問題を抱える世界のトイレ

出典 http://www.museum.or.jp

ローマ帝国時代のトイレを再現した模型があったり、宇宙のトイレの展示や、様々な問題を抱える世界のトイレといった「深く考えさせられるような展示」もたくさんあります。

展示構成・演出は放送作家の鈴木おさむさん

出典 http://www.yc.tcu.ac.jp

オープニングとエピローグの物語の脚本、演出、エピローグで流れる「“ありがトイレ”の歌」も作詞しています。

“ありがトイレ”の歌

出典 YouTube

トイレのプロジェクションマッピング

怖いもの見たさでちょっと行ってみたくなったらシェアしよう!

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス