出典Spotlgiht編集部

ドラァグクイーンのナジャ・グランディーバさんが、男女の恋の悩みにモノ申すコーナー「オネエに白黒つけさせて!」

今日のお悩みは、友達に赤ちゃんの写真を見せられた時にうまいこと言えない!と悩む女性から。ナジャさんは「私んとこに連れて来られる赤ちゃんは大抵大泣きやからな…と寂しそうですが、早速行ってみましょう!

周りの友人は出産ラッシュなのですが、独身の私は赤ちゃんの写真を見せられたときのリアクションにいつも困ります。

直接見せられたとき、LINEで子供の写真が次々と送られてきたとき、「かわいい!」の他に言葉が出てこず、なんと言ったら良いのかわからず気まずい思いをします。先日は「小さいねぇ」と言ったら、相手を不機嫌にさせてしまいました(発達が遅いと捉えられてしまったのかも…)。

「かわいい」の他に、赤ちゃんの写真を見せられたときのベストな反応を教えてください(31歳女性)

出典Spotlight調べ

ナジャ:そうやな。一回くらいはええけど、いっぱい見せられるのは確かに反応に困ることもあるよな。友達の赤ちゃんやから、あんまり興味がない感じを出しすぎても角が立ちそうやし、だからって調子に乗って何枚も見せらるのは正直厳しい!

だいたい生まれたての赤ちゃんなんて、他人が見ても正直かわいいも何もないやん(笑)。無理して「かわいい」って言うくらいなら、もっと嘘を振り切って「んもう、食べちゃいたい!」とか「将来有望だね」とか言ってみたら、結構喜んでくれるかもよ?

「他人の産まれたての赤ちゃんの写真は、どうでもいい」

生まれたての赤ちゃんの写真を見せられた時の反応について、芸人のカズレーザーさんが「アメトーーク!」で語ったことが話題になりました。

事務所の専務さんから自慢げに「ちょっと見てくれよ」と生まれたてのわが子の写真を見せられたカズレーザーさん。なんと、お返しにスマホに保存してあったお気に入りの“深海魚”の写真を見せて、専務さんを不機嫌にさせてしまったそうです。

「僕があなたの赤ちゃんの写真を見せられるということは、あなたが深海魚の写真を見せられるくらい興味が湧かないことなんですよ」というメッセージだったのかもしれませんね。

他人の赤ちゃん写真攻撃に困っている人も多い!?

・生まれてすぐだからうれしいのはわかるんだけど、LINEで子どもとは関係ない話をしている時に突然、スタンプ感覚でちょいちょい子どもの写真を送ってくる友達がいる。最初はいちいち反応していたけど、最近はスルー。それでもめげずに送ってくるから、ちょっと面倒くさくなってる…(20代女性)

・他人の子どもって成長が早すぎるんだよ!まだ独身の私は「この赤子が1年で可能性を着々と広げているというのに、私はこの1年一体何を成し遂げたというのか…」なんて妙に反省させられて勝手に傷つく。赤子テロ怖い(30代女性)

・周りが出産ブームで、バンバンSNSに赤ちゃんやキッズの写真が上がってくる。数が結構多いと、自然と「本当に可愛い子」と「ぶっちゃけそうでもない子」の差がよくわかるようになるから、余計「カワイイね」とか嘘つけなくなる現象に名前はよ(20代女性)

出典Spotlight調べ

意外とみんな困っている他人の赤ちゃん写真問題。「かわいい」と言うことすら本音ではない場合もあるというのに、相手に喜んでもらえるうまい一言を返すのは、なかなかハードルが高いかもしれません。

ナジャ:うまいこと言いすぎて相手が気持ちよくなりすぎちゃうのも考えものやしな。もう一枚、もう一枚って、次々送って来られるのだけは避けたいわけやん。「写真を見せられるのは、親子一組につき1枚まで一回限り」ってことをうまく伝えられたらいいよね。それならこんな返しはどうよ?

出典Spotlgiht編集部

【結論】「ちょっ、この赤ちゃん、私に似てない?」

ナジャ:もう、いろんな含みを持たせてこう言う!(笑)「私の小さいころにそっくり!」でもええね。写真を見せたほうはあなたが絶世の美女じゃない限り、「いや、別に似てないし…」って複雑な気分になるはず。

しかも、それを素直に顔にも出せなくてちょっと困ると思うから、赤ちゃんの写真みせられたこちらの気持ちもわかってもらえるんじゃない?「この人には、もう写真送るのやーめよ」って思ってくれたら、これ以上うまいこと感想返さなきゃっていう心配もご無用ね!

【ナジャ・グランディーバ プロフィール】
関西のドラァグクイーンとしてショーやイベントで活躍する傍ら、最近ではタレントとしてもバラエティ等に出演。関西テレビ「ダレトク」、福岡放送「クロ女子白書」では準レギュラー、MX「バラいろダンディ」では月1レギュラーとしてマルチに活動している。

▼恋愛、夫婦、人間関係など、お悩みはありませんか?ナジャ・グランディーバさんがズバッと解決してほしいお悩みはこちらから。

<取材・文/まつざきみわこ 写真/長谷英史>

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら