記事提供:TOCANA

近年、「産地偽造」が大きな社会問題として取り上げられている。冷凍食品や、最近ではオリーブオイルも産地表示に偽りがあるという報道があった。そしてその偽造の波は食品だけではなく、ファッションの世界にも及んでいるという。

■“ファストファッション”ブランドの闇

まるでファストフードのようなお手軽安価の衣類ブランドをあらわす「ファストファッション」は、あっという間に日本に上陸して根付いたようだ。

有名ブランドのお洒落Tシャツ1枚にも満たない金額で、全身の服を揃えることも可能で、日本人の45%はファストファッションブランドの服を着ているという調査も報告されている。

2013年5月にバングラデシュの衣料品工場が倒壊した事件。

ファストファッションブランドは価格を低く抑えるために、極めて複雑な生産過程を経ている。人件費の安いバングラデシュやインド等で縫製するのは当たり前だが、素材の調達も複雑を極める。

国をいくつもまたぎ、糸から繊維、繊維から布地、布地から製品となり、やっと消費者の手に渡る仕組みなのだ。

出典 https://en.wikipedia.org

綿花。

例えばファストファッションでよく使われるコットンだが、綿製品は生産・製造プロセスが複雑かつ複数の国境を超えるため、誰がどのように関わっているのかを知るのはとても難しいらしい。

その複雑な工程ゆえに、途中でごまかす機会も多く、「綿100%」、「フェア・トレード製品(発展途上国の人々から不当な搾取をしない公正取引)」等のラベルが付いている製品の中にも、実はニセモノが紛れ込んでいることがあるのだという。

■綿のDNAを検査する

そこで、ニューヨークにあるDNA応用化学企業が、綿の産地を調べるDNA検査方法を開発した。

これは主に2つのタイプのDNAを調べて解析する。1つ目は植物由来で遺伝子操作をしたDNA、もう1つは天然由来のDNAである。どちらのタイプであっても、それがどこの物で、どの種かを知る事が可能であるという。

このDNA検査法を開発した企業のジェイムス・ヘイワード最高経営責任者は「私たちの主な目的は、綿の供給ルートを浄化して資源流用や誤表示等の偽造を排除することです」と話す。

そのためには、使われている繊維の産地を知ることが極めて重要となり、それを知る理想的な方法は素材のDNAを調べることだという。

綿は収穫されてから「綿繰(わたくり)」という工程を経てから包装され、紡績や染色加工の工程のために次の国に出荷されるが、産地表示の付け替えや代わりの繊維を綿に追加する「偽造」はその過程で起こるとされている。

出典 https://www.youtube.com

ウズベキスタンの綿花畑で働かされる子どもたち。

■現代の奴隷労働

現代の「奴隷制度」とは人身売買、強制労働、借金による縛り、性売買、強制結婚、そして搾取の全てを指す。

地球上の奴隷廃絶を目指す「The Walk Free Foundation」の調査によると2016年現在、世界で奴隷として生活を送る人々は推定4600万人も存在する。

そのような状況の中、児童労働もしくは強制労働を行っている綿花産業の実態が注目されている。

世界で5番目に大きい綿輸出国であるウズベキスタン、そしてトルクメニスタン、そしてタジキスタンでは、子どもたちに強制的に綿収穫の仕事をさせているという疑惑が持たれており、またその労働環境も劣悪で健康被害が絶えないという調査もあるのだ。

こうした労働条件を問題視する声も高まってきている。

カリフォルニア州のチャリティ団体「As You Sow」が組織する「The Responsible Sourcing Network(責任ある素材調達を行うネットワーク)」では、ウズベキスタン政府が児童労働と大人の強制労働を止めるまで、ウズベキスタンの綿を使用しない誓約書に264ブランドが署名している。

また、各国政府からも公正な供給ルートを使用することへの圧力を高めている。その結果、小売業者やブランドのオーナーは素材の供給ルートにこれまで以上に注意を払うようになってきており、こうした問題が解決へと前進していることがわかる。

出典 https://en.wikipedia.org

インドの綿紡績所。

現時点ではこのDNA解析プロジェクトは完全ではなく、ウズベキスタン産と米国産の綿が区別出来る段階らしい。

そしてこの検査システムは数年以内には法医学的な正確さまで進化し、綿のグローバル品種を全て区別することができるようになる見通しだというが、ヘイワード氏は、複雑な綿の供給ルートを解明することは他産業の供給ルート問題に取り組む際の良い例となると話す。

「もし綿の供給ルートの不正が是正出来るなら、医薬業界の供給ルートで起きている偽造問題なども容易に修正することができるはずです」と話す。

ファストファッションブランドのTシャツは驚くほど安く、お洒落で、魅力的だ。しかし、そのTシャツが実は奴隷や子どもの労働によって作られた物だとわかったなら…。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら