こんにちは。イケダハヤトです。

最近もう、パンツ履いてないんですよぼく。

ふんどしを履いています

はい、ノーパンで生活しているんです。爽快ですよ、夏に向けて。

…という冗談を言いたかったんですが、さすがに嘘です。最近はもうほぼ毎日ふんどしで生活しています。ノーパンまで思い切ることができないあたり、小物なんですね。

ぼくとふんどしの出会いは意外と古くて、2012年10月。日本ふんどし協会の中川さんからふんどしをプレゼントしていただき、レビューをしました(「ふんどし」を履いて生活してみた)。

これがまぁ大変具合がよろしくて、それ以来気に入ってちょいちょい履いていたんです。ただ、残念ながら気分の波があって、履くときは毎日のように履くんですが、つい油断するとパンツに戻るんですね。ふんどしウェーブとパンツウェーブが交互にくる感じです。

しかし!先日高知で「バンブーコットン」というめずらしい素材のふんどしを手に入れてから、一気に惚れ込んじゃったんですよ。もうふんどししかない!ふんどしウェーブがイケダハヤト全土を席巻してしまいました。毎日ふんどし。ふんどし毎日。

見てくださいよ、このふわふわ感…。もう何も言いません。うかつに口を開くと下ネタになって、Google先生から怒られてしまいますから…。

まずはナイトウェアとして

ふんどしブームを後押しすべく、ふんどし協会が「夜だけふんどしを履こう」という提言を行っています。まずはこっそりナイトウェアから始めましょう、ということですね。

夜はゆる〜いふんどしで、身体も心もストレスフリーにしてみましょう。睡眠時間が十分にとれなくても、朝まで目覚めずに熟睡できれば大丈夫。睡眠の質がアップするので疲れを持ち越さず、翌朝スッキリ爽快な気分で目覚めることができます。ふんどしに履き替えて寝たら、「ぐっすり眠れた」「寝付きがよくなった」「布団の中でのびのびできた」という声がたくさん聞かれます。

出典夜だけ「ふんどし」温活法~寝ている間に「冷え太り」解消!

ゴムの締め付けが身体に悪いという説は根強くありまして、たまたまたですが、高知県の「見元病院」の見元良平医師は「ゴムひもが諸悪の根源である」といった考え方を提唱し、患者さんにふんどしの着用を薦めているそうで。ゴムを辞めることで、実際に効果も出ているとか。

えーふんどし?かっこわるいよー、と思う方も多いと思いますが、最近のふんどしは超オシャレ。

出典 http://www.ikedahayato.com

これとかもうパンツですね。「もっこ型ふんどし」というタイプだそうで。紐パンですね。

出典 http://www.ikedahayato.com

同じくもっこ型。

出典 http://www.ikedahayato.com

ネット上でも色々なふんどしを購入することができます。

ぼくが惚れ込んだバンブーコットンのふんどしは、高知のNPO「輝くいのち」がブランド化して販売する予定とのこと。これホント、全力でおすすめしたいです。リアルに、もうパンツ履けなくなりますよ。リリースされたらご案内するのでお楽しみに。東京でパンツ履いて消耗するのはもうやめにして、高知でふんどし履いて生産的に生活しましょう。

女性の方には色々なメリットがあるようなので、ぜひパートナーがいる方などは、プレゼントにふんどしをあげてみるとよいでしょう。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス