出典 https://www.facebook.com

幸せそうなこちらのカップル。アメリカ・テネシー州に住む22歳のアリエル・ディジリーさんと婚約者のクインさん。

2年間の交際を経ていよいよ結婚!「親友と結婚できるだけで幸せだから指輪は要らない」というアリエルさんにケジメだからと指輪を贈ろうとしたクインさん。それならばと、二人で婚約指輪を選びにあるジュエリーショップへ。

ところが、二人が選んだ130ドルの指輪をバカにしたように笑った店員。その店員に見事な切り返しを見せたアリエルさん。今、アリエルさんがfacebookにある疑問を投げかけ話題になっています。

出典 https://www.facebook.com

こちらの指輪が二人が選んだシルバーとキュービックジルコニアがついた婚約指輪。アリエルさんは、コミュニティサービスの事務所で、クインさんは、教師を目指し学校に通いながら中古車ディーラーで働いています。どこにでもいる普通のカップル。日々、倹約を意識ながらも慎ましく暮らしていました。そして、二人の気持ちとタイミングが合い結婚を決意。

そんな日々の中、指輪は要らないというアリエルさんにどうしても指輪を送りたかったクインさんは密かに貯金をしていました。そして、二人が指輪を購入する為、ジュエリーショップに行った時、店員さんのありえない言葉を耳にしてしまったのです。

130ドルの指輪を婚約指輪に買うのよ。ありえないわ。信じられる?

出典 http://www.today.com

担当になってくれた店員さんがつぶやいた言葉を耳にしてしまったのです。そして、指輪を見てバカにしたように笑う店員。幸せなカップルに衝撃的な言葉。このカップルだけではない、多くの人がこの失礼極まりない言葉を聞いたら驚くことでしょう。

この言葉を聞いてしまったクインさんはガックリと肩を落とし途端に不安になって彼女に聞きました。

キミは本当にこれでいいの?これで満足している?

出典 http://www.today.com

せつない。幸せいっぱいに婚約指輪を選びに来た二人に心ない言葉。そして、クインさんの不安そうな気持ち。もちろんアリエルさんはこの指輪で大満足。指輪の値段ではない彼からの気持ちの方が大切なんですから。その証拠に、アリエルさん女性店員に対し次のような言葉を告げたのです。

重要なのは指輪そのものや値段ではないのよ。重要なのは指輪を買ってあげたいと思ってくれた気持ち。愛そのものが大切なのよ

出典 http://www.today.com

この言葉を女性店員に告げながら指輪を受け取ったアリエルさん。そのまま、お店を後にしたのですが、彼女はある疑問をfacebookに投げかけたのです。

私達の国はいつから男性が3,000ドル以上の高価で派手な指輪を買わないと、愛を伝えられない、伝わらないような悲しい国になってしまったんだろう。

私たちが選んだ指輪は本当に素敵で、あの時の気持ちは最高だった。どんな高価な指輪にも、他の人たちの体験に勝るとも劣らないものだった。なぜモノが愛と同一視されるの?

私の夫は、高価な宝石を買う余裕がなかったから私に嫌われるのではないかと考えました。私が欲しい指輪を買えなかったから、私の愛が薄れるのではないかと恐れました。多分、このように考えるのは彼だけではないと思う。そして、このように考させてしまった原因は、世間にあります。

本当に悲しいこと。でも、結婚の誓い、130ドルの指輪、夫からのたくさん愛情は、セレブでもないし、平凡だけれども、想像していたよりずっと幸せなんですよ

出典 https://www.facebook.com

婚約指輪や結婚指輪は確かに一生の思い出。ですが、確かに高価なモノじゃなければと女性が勝手に思っているのでは?そもそも給料の3ヶ月分なんて誰が決めたのか…無理して高価な指輪を買うよりも、身の丈に合うモノを選んだ彼女たちの判断はとても賢いと思いませんか?そして、それ以上に価値があるものを知っている二人。このアリエルさんのポストは大反響を呼び、65000を超えるいいねとたくさんのコメントが寄せられています。

・なんて素敵なストーリー。女性店員の戯言なんて早く忘れて。末長くお幸せに

・高価な指輪をねだるなんてただの見栄だよ。真実の愛を知らないんだ

・私の指輪は25ドルだったわ。でも、いまとても幸せよ

・真実の愛の前では2カラットのダイヤモンドだって輝きを失うわ。あなたたちにはその価値がある

・高価な指輪でしか愛を伝えられないなんて本当に悲しいわ。そんな人になりたくないし、そのような相手を選びたくない。もし、選んだとしたら男を見る目がなかったと思うわ

・リングの値段で結婚するんじゃないのに…なぜそんな世の中になってしまったのかしら。

出典 https://www.facebook.com

たくさんのコメントの中には私の指輪もみてと、多くの女性が婚約指輪や結婚指輪の写真をコメントに残しています。そのどれもが、高価ではないけれど心満たされた最高の贈り物だということ。

高価な指輪をもらえると嬉しいのは本当。けれど愛は値段がつけられません。その愛の価値をお金で換算するのも寂しいですよね。そう!愛はプライスレス。お金に換算なんてできない価値のあるものなんです。

かと言って…高価な指輪がいいと言う人が多いは事実です。芸能人、セレブが結婚すれば、婚約指輪、結婚指輪のお値段が必ず話題に上がります。筆者も友達と「結婚指輪はハリーウィンストンのトラフィックが欲しい♡おねだりしようかな。相手がいれば」なんて相手も結婚の予定もないのに言ってみたりします(笑)幸せの形は人それぞれ、価値観も人それぞれ、そこに価値を見出す人はそのような結婚をすればいいと思います。

ただ、愛は形やモノではない真心。知ってはいても高価な指輪、輝くダイヤモンドはいつだって素敵♡だけど、値段がすべてだと思ったら大間違い。大切なことは一生を添い遂げる相手をどれだけ思いやれるか。「愛していればちくわだって嬉しい」なんてちょっと極端なコメントも中にはありましたが、婚約指輪、結婚指輪その人にとってはその指輪が世界一素敵なんです。それをバカにするような言葉、笑うなんて許せることではありません。

モノや値段にこだわるのではない、彼と結婚できるその事実が嬉しくてたまらないアリエルさんと、指輪を買ってあげたいと隠れて貯金までしてくれるクインさん、アリエルさんの投稿は多くの海外メディアにも取り上げられました。「結婚」に高価な指輪は本当に必要なのか?私たちはもう一度考え直さなければいけないのかもしれません。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら