旅行や出張などで外国に行った時「日本の接客サービスってなんてホスピタリティが高いんだ!」「日本の街中ってゴミが少なくてなんてキレイなんだ!」などふだんは気づけなかったことを実感した経験はありませんか?

今日ご紹介したいのは何気なく過ごしていると気づけない、ある日本企業の革新的なテクノロジーです。紹介動画からクイズをお届けします。

驚くべき技術力を見せてくれるモノ、これら実はみなさんがふだんから使っているモノなのです。

第1問:水は通さないけど空気は通すもの、なーんだっ?

ビーカーにたっぷりの水を入れて…

たっぷりいきます。

フチに“あるモノ”を貼ります

ピタッ。

ひっくり返しても…

水は通さない。

水槽の底に沈めてポンプを握ってみると

お次は水槽の底にビーカーを沈めます。先ほどビーカーのフチに貼った“あるモノ”にご注目ください。

空気は通す。チンアナゴも踊りだす!

ポンプから送られた空気によって、“あるモノ”にくっつけたチンアナゴ模型も水中でふわふわと踊りだします。水は通さず、空気は通すのです!

子どもも歓喜♡

実験を見ていた男の子もこの笑顔です。とっても可愛いですね♡

水は通さないけど空気は通す“あるモノ”。これなーんだっ?

正解は…

それは「TEMISH®」です。「TEMISH®」とはNittoが製造する、
微細孔を持つ、フッ素樹脂でできた多孔質膜の総称を指します。

水は通さず空気は通す秘密は、シートに空いている小さな孔。材料に使われているフッ素樹脂は引き延ばすことでミクロな孔を作ることができ、1㎠あたりに数億個の孔が空いています。水やチリなどの大きな粒は通さずに空気を通すことを実現。また、孔の大きさを調整することで通すものと通さないもののコントロールも自由自在です。すごい技術力ですね!

からくりがわかったところで。これ、何に使われるものなんでしょう?ちょっと小難しい言葉が並びましたが、実は私たちの身近なものに使われているんです。

防水スマホや防水カメラに使われている!

出典chaiwatartwork/Shutterstock.com

マリンスポーツなどのイベント時に大活躍する防水グッズ。また雨の日で濡れてしまったり不意にトイレに落としてしまったり…とデジタルグッズって水難に遭いがちではないでしょうか。防水機能に助けられる場面って、何度もありますよね。「TEMISH®」は私たちの生活のいたるとこで活躍していました。

続いて、第2問のクイズにいきます!

第2問:貼っているってわからないこれ、なーんだっ?

実験室に呼んだ女性に

特殊メイクを施します

エアブラシで本格的にカラーリング。

メイク完成

メイクが…驚くほど簡単にぺりぺり剥がれる!?

実は女性のお顔に“あるモノ”を貼ってました。その上に特殊メイクが施されていたんですね。

しかも肌に優しい

ぺりぺり剥がされた後もこの笑顔。全然痛くないようです。

貼っているってわからなくて肌に優しい“あるモノ”。これなーんだっ?

正解は…

Nittoが製造する「優肌パーミロール®Lite」です。ガーゼや包帯、点滴針などを固定したり、傷口を保護したりするためになくてはならないフィルムです。

貼っているかわからないほどの自然さと肌への優しさの秘密は、フィルムの薄さと粘着剤のやわらかさ。この実験で使用したフィルムは優肌パーミロール®シリーズから登場した新製品で、薄さを従来品の4分の1にしたことでしなやかな伸びとサラッとした肌感覚を実現し、まるで何も貼っていないような着け心地に。また、やわらかいゲル状の粘着剤が肌の凹凸にしっかりフィットするので、剥がしたときの痛みもほとんどありません。

医療用フィルムは、長時間貼っていると肌がかぶれてしまうことが大きな問題でした。そんな気になるポイントを補ってくれる画期的な技術です。

医療用フィルムはさまざまな形で

いわゆる傷口保護だけでなく、シャワー時の防水などさまざまな医療シーンで使われています。

知らず知らずのうちに体感していたNittoの技術力

防水グッズや医療用品の他にもNittoの技術力によって生み出された製品はたくさんあります。ハンド掃除の定番・コロコロ®もNitto製品って、知っていましたか!?私たちは日常生活の中で知らず知らずのうちにNittoの高い技術力に支えられていたんですね。

この度Nittoのメディアである『Nitto Innovation Lab.』がリニューアルしたようで、ここではさまざまな技術力が紹介されていますのでぜひご覧ください。

日東電工株式会社(Nitto)は2018年に創立100年を迎えます。電気絶縁材料の国産化から始まり、その技術力の高さを武器に、現在ではグローバルで70以上の業界13,500種類以上の製品を展開するほどに。今後は環境・新エネルギー・ライフサイエンスといった分野での価値提供を強化していくようで、Nittoの活躍ぶりから目が離せません!

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら