ママ達の本当の声が集まったハッシュタグが誕生!

育児本や雑誌、ネットを見ていると、いろいろな育児アイテムの情報が出ていて、何を買えばいいのか、どこまで買えばいいのか迷ってしまうことってありますよね。育児グッズはトライ&エラーの連続です。せっかく高いお金を出して購入したのに全然使えなかったり、たまたま貰ったものが神アイテムと化したり…。

いったい何を買えばいいの?本当に必要なものって何?と悩むママさん達に、注目されているTwitterのハッシュタグがあります。それは「#育児ママの買って良かった大賞生後半年部門

実際に育児に奮闘中、奮闘していたママさん達が、自分の子にとって神アイテムだった商品をTwitterでつぶやいています。そのなかで、多くの方がつぶやいていたアイテムをご紹介します。現在育児中のママさんも、プレママや出産祝いを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。

◆バウンサー

すべてのバウンサーは、首すわり前1か月(3.5㎏)から使用できます。バウンサーバランスソフト、バウンサーMINIの2タイプあります。
パパママのかわりに優しく、ゆったりと揺れ赤ちゃんをあやしてくれます。慣れるとブランコのように揺らし楽しむようになります。

出典 http://www.babybjorn.jp

赤ちゃんを座らせておけるバウンサー。ユラユラ揺れる作りが、ちょっと座っておいてほしいときに、泣き止ますツールに、寝かしつけアイテムに大活躍するようです。

持ち運びできることもポイントが高いようです

ロングユースタイプには2歳まで使用可能な品もあり、ハマる赤ちゃんは長期的に楽しめます!

◆消臭袋BOS

人が最も敏感に感じる、うんちの臭い。BOSはうんちを入れて、しばらく放置後に鼻を近づけてもほとんど臭いを感じない、驚異的な防臭力を持った素材です。

出典 http://www.bos-bos.com

赤ちゃんは、1日に何度もウンチをします。ウンチ後の使用済みオムツの消臭対策は、ママ達にとって悩みのひとつ。この商品に助けられているママさんは多いようです。

外出先での使用済みオムツを持ち帰らなければいけない場合もあります。そんなときも安心!

◆電動鼻吸い機

赤ちゃんは自分で鼻をかむことが出来ません。昔の子育てでは、ママの口で直接鼻水を吸ったりしていたようですが、ママに風邪などがうつってしまうリスクの高い行為です。最近は、電動鼻吸い器が登場。繊細な赤ちゃんの鼻からスムーズに鼻水を吸い取ることが出来るようになりました。

これからのシーズンは、毎日活躍するかも!?

◆スリーパー

歩き始める前から、ぴょんぴょん足を動かしている赤ちゃん。寝かしつけていても、布団なんてすぐ蹴っ飛ばしてしまいます。冬のシーズンは防寒に、夏も寝冷え防止にスリーパーが活躍します。ベストの裾が長くなった形状で、頭と腕を通せば着たまま寝かせることができるアイテムです。

夏はガーゼ素材、冬はフリース素材などが人気です

◆ベビーバス

新生児期は体をごしごし洗うのではなく、ためたお湯の中でやさしく汚れを落としてあげる「沐浴」が毎日の日課。抵抗力が低く、雑菌などに弱いので、1カ月ぐらいは家のおふろではなく、ベビーバスで沐浴します。

出典 http://www.babytown.jp

生まれたての赤ちゃんのお風呂用に作られたベビーバスは、生後1か月ほどしか使わないアイテムのため、購入していない家庭も多いようです。しかし、ベビーバスを「買ってよかった」と挙げているママたちは、新生児時代だけでなく大きくなってからも別の活用法で重宝しています。

小さいサイズは、赤ちゃんが座っておくのにちょうどいいのかもしれません。

◆スイマーバ

スイマーバは赤ちゃんが生まれて初めてエクササイズすることを目的に開発された、うきわ型スポーツ知育用具。英国で発売以来、世界中の赤ちゃんに愛用されています。

出典 http://swimava.jp

おなかではなく、首まわりに装着してつかうスイマーバ。欧米では、赤ちゃんのスイミング時に使われているようですが、日本では入浴に活用しているママが多いようです。

お湯の中で身体をバタバタと泳ぐようにして遊べるので、赤ちゃんの運動にピッタリです。

一緒に湯船に浸かれない日も、赤ちゃんのサポートに使えます。

◆おしりふき関連

1日に何度もオムツを変えるたびに活用するおしりふき。色々なメーカーから様々な商品が出ていますが、ママたちにとって便利だったポイントがあるようです。

おしりふきは、目の前にあるから赤ちゃんのイタズラの標的になりがち…。そんなときチャイルドロックが役立ちます!

これからの寒い時期、ひんやりと濡れたおしりふきは赤ちゃんにとって不快かもしれませんね。

◆防水シーツ

布団でねんねしていることが多い赤ちゃんですが、お漏らしや吐き戻しなど毎日何かしら汚れがちでもあります。そのたびに布団を濡らしてしまうのは致命的!そんなときに防水機能のついたシーツが活用するようです。

滑らない素材だと、ズレずにきっちり敷くことができますね。

≫≫家にあるアレも育児に役立つアイテム!

育児に使えるのは、赤ちゃん用に作られたグッズだけではありません。出産前から家にあるものを、育児に活用しているママさんもたくさんいます。もしかしたら、あなたの家にもコレありませんか?

◆体にフィットするソファ

「体にフィットするソファ」は、体を包み込むような座り心地が人気で、「快適すぎて、いつまでも座っていたい」「2度と立ち上がる気が起きなくなる」など、「人をダメにするソファ」の異名をとる。

出典 http://style.nikkei.com

無印良品のヒットアイテム「体にフィットするソファ」。2007年には9万個販売したという人気商品ですので、家にまだある!という人も多いのではないでしょうか。これが、育児中も大活躍するようです。

◆バランスボール

ストレッチやシェイプアップのためのエクササイズボールとして大ヒットしたバランスボール。大人が椅子替わりに出来る大きさと、ポヨンポヨンと弾ませて使う弾力性が売りでしたが、このアイテムが赤ちゃんの寝かしつけに活躍するようです。

抱っこしたままバランスボールでユラユラすると、赤ちゃんもリラックスできるようです。

そのまま寝かしつけまで出来ちゃう!

◆ブレンダー

離乳食が始まると、小さな赤ちゃんの口にあわせて、すべての食材を裏ごしして潰したり、細かくみじん切りをしたりする必要があります。そんなときに「食材をつぶす・まぜる」に特化したブレンダーが活躍するようです。

≫≫赤ちゃんによって好みは様々!?他にもいろいろな神アイテムが。

赤ちゃんにも好みや個人差があります。ここでママさん達が「便利だった!」と挙げているアイテムが、他のママさんや赤ちゃんにとっては使い勝手が悪いものだったりすることもあるかもしれません。

Twitterではハッシュタグ「#育児ママの買って良かった大賞生後半年部門」で、他にも様々なアイテムが紹介されています。抱っこひもやベビーカーなども、ニーズやシチュエーションによって色々なメーカーの品がママ達によって挙げられていますので、気になった方はぜひTwitterでチェックしてみてください。

この記事を書いたユーザー

みかん箱 このユーザーの他の記事を見る

へっぽこライターですが、文化的雪かきを目指して精進しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら