みなさんはチュロスを食べたことがありますか?最近では日本のドーナツチェーン店でも販売しているのを見かけます。

私は日本ではあまり食べた記憶がありませんが、アメリカにいた頃、よく地下鉄のホームで、おばあさんが小さなワゴンに乗せて手作りと思しきチュロスを1本1ドルで販売しているのを見かけ、時々無性に食べたくなっては買っていました。

どこか懐かしい味がするチュロスは、私も好きなお菓子のひとつです。そんなチュロスが、最近さまざまな進化を遂げてSNSでも話題なのだとか。

見た目もかわいくて美味しいチュロスがさまざまなスイーツに変化

スペイン生まれのチュロスは、小麦粉と水と少量の砂糖、塩を混ぜた生地を、星形の搾り器から絞り出して油で揚げ、砂糖やシナモンなどをまぶしています。

形は真っすぐなものと湾曲したものがあり、通常はドーナツのような感覚で、そのまま食べることが多いそうです。

そんなチュロスを使って、最近新たな「スイーツ」がいくつも誕生し、流行の兆しを見せています。

ループ型チュロス

出典 https://www.facebook.com

ピカチュウチュロスも!

カリフォルニアにあるチュロス専門ショップ「The Loop」では、ループ型のチュロスがソフトクリームの中にディップしています。

見た目もポップカワイイです。

チュロスソフト

こちらはチュロスがソフトクリームのコーンに変身。最後の一口まで甘ーい!

チョコ入りチュロス

甘いチュロスの中に甘いクリームをイン!

上からコーティングではなく、チョコレートをしみ込ませたチュロス。これなら少しは甘さ控えめ?

チュロスカップケーキ

なんとカップケーキに変身!

チュロスパフェ

「明日はブロッコリーを食べるから、今日はこれを食べるのを許して!」だそうです。もはやカロリーは未知数。

チュロスサンドウィッチ

チュロスサンドイッチ。さすがの絵力です。

いかがでしたか。昔ながらのシンプルなお菓子が、見事な変貌を遂げていますよね。

近年では、SNSで美味しそうな食べ物やインパクトのあるスイーツなどの写真をアップして世界中の人々と共有するということが、万国を共通してひとつの文化となっています。

素朴でシンプルなありふれた食材も、工夫の仕方次第でより美味しく、思わず誰かにシェアしたくなるようなビジュアルにもなるのです。

日本にチュロスのブームが来る日も遠くないかもしれませんね。

出典:BRIT+CO
出典:The Loop:Handcrafted Churros(公式フェイスブック)

権利侵害申告はこちら