・シリアのアレッポでTwitter

Licensed by gettyimages ®

内戦が続くシリア、首都アレッポではいまだに空爆が続いています。そんなアレッポでTwitterをする7歳の少女がいることを皆さんご存知でしょうか。その彼女のTwitterアカウントがつい先日閲覧できない状態になったということで、世界中から彼女の安否を心配する声が集まっていました。

「なぜ爆弾で罪のない人を殺すの?」

バナ・アラベドちゃん(7歳)はアレッポの現状をTwitterで発信し、世界中に助けを求めるツイートを多数していました。アカウントは母親のファティマさんによって2016年9月に開設され、現在彼女を支持するフォロワーは22万を超えています。

「これが私の家、大好きなぬいぐるみはみんな焼けて死んだ。悲しい。でも自分はまだ生きてて嬉しい。」

彼女のツイートからは生々しいアレッポの様子が伝わってきます。

「誰か助けて、ベッドに隠れてるの」

7才の子供が、学校にも行けず満足に遊ぶこともできず、空爆に怯えながら日常を過ごしているのです。

日本など遠い国からはなかなかシリアの状況が伝わりにくいと思いがちです。しかし、SNSを活用することで、遠く離れた地で起こっていることを把握することが出来る時代になったのだと実感させられます。

・彼女の消息が不明に

Licensed by gettyimages ®

そんな中、12月4日に彼女のTwitterアカウントが突然閲覧できない状態になりました。

・最後のツイート

軍が私たちを捕まえにくる。いつかどこかで会いましょう。さようなら。 ーファテマ

母親のファティマさんのつぶやきを最後にTwitterで閲覧ができなくなったのです。

・家を失っていたバナちゃん

彼女は11月28日にシリア軍の空爆により住んでいた家を失い、その後も避難を続けていたとみられます。多くの方が、彼女がどうなったのか、生きているのか不安と心配にかられました。

「バナはどこ?」「お願いだから無事でいて」「小さなバナが心配」といったコメントが寄せらており、バナちゃんの安否を多くの人が心配したのです。

・12月6日…

Licensed by gettyimages ®

まさか空爆に巻き込まれたのでは…などよくないことが頭によぎる中、12月6日、Twitterに動きがありました。Twitterが再び閲覧できる状態になったのです。

・母からツイート

そしてそこにはバナちゃん本人ではなく、母親からのツイートが更新されていました。

「攻撃が続いています。どこにも行く場所がありません、いつも死を感じています。私たちのために祈っていてください。さようなら。」 ーファティマ

バナちゃんが今どういう状況なのか、その後の更新がないため詳細は不明です。

「すべての言葉は心から湧き出たもので、真実です」

Licensed by gettyimages ®

バナちゃんは過去にアサド政権やプーチン大統領に向けたメッセージを投稿しており、周りから偽アカウントではないかと疑う声やプロパガンダ利用を指摘する声もありました。

そのような批判に対して、母親のファティマさん、自分達はいかなる慈善団体やメディアにも属していないとBBCの取材に答えています。ファティマさんは英語は語学学校で学び、大学時代はジャーナリズムや政治学を専攻していました。「すべての言葉は心から湧き出たもので、真実です」とおっしゃっています。

・普通の女の子

バナちゃんは笑顔の可愛い普通の7才の少女です。彼女が今までツイートした内容を少しご紹介します。

「ハリーポッターが読みたい」

バナちゃんはハリーポッターのファンで、以前から本を読みたいとTwitterでつぶやいていました。するとハリーポッターシリーズの作者であるJ・K・RowlingさんがTwitterを通してそれを知り、連絡を取りあうようになりました。そして、Rowlingさんから本が送られてくることになったのです。

上はそのことに「本をありがとう」と感謝するバナちゃんの姿です。

「ハリーポッターを読もうと楽しみにしていたのに」

しかし、家が空爆で壊れてしまいました。「ここが私が本を読むはずだった場所。ハリーポッターを読み始めようと思っていたのに、爆破されちゃった。絶対忘れられない。」

・「どうか私たちを助けて」

これを受け、J.K. Rowlingさんはバナちゃんの動画メをTwitterで配信し世界にメッセージを送りました。

・空爆の動画

また、Twitterには空爆の様子が度々アップされています。いつ自分の家がなくなっても、いつ自分の命がなくなってもおかしくない場所。安心して本を読むことができない環境だということがここからもわかります。

「私が笑うと、私の人生が難しいものだということを、誰も気づかない」

彼女がニコッと笑えばとても幸せそうに映ります。彼女の置かれた厳しい環境、彼女がどんなに辛い思いをしているかということに一見、気づくことは出来ません。それくらい素敵なスマイルです。

私たち一人一人が彼女の笑顔の裏に隠された苦しみや悲しみを知らなければならないのかもしれません。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら