そろそろ年末年始が近づいてきました。お正月の楽しみといえば、子どもの頃は「遅い時間までテレビを見まくる」という思い出がある方も多いのではないでしょうか?

でも、最近では一人暮らしの家にテレビを置かない若者が増えていたり、その反面でネット配信型のバラエティ番組なども増えています。

そんな中、以前Spotlight編集部でも軽〜く紹介した、ダウンタウン・松本人志のAmazon配信限定番組「ドキュメンタル」が、群を抜いて面白過ぎるとネットで大きな話題となっているのです。

いつもより精悍な顔つきの松っちゃん

以前から構想を温めていたというこの企画スタートに向けて、かなりパンプアップしたのでしょうか。テレビで観る姿とはだいぶ印象が違いますね。

そんな松っちゃんの見た目より気になるのが、番組に対するネットの評判です。ちょっと覗いてみましょう。

「えっ、本当にそんなに面白いの?」と、気になって思わずAmazonプライムの視聴ボタンをポチりたくなる程、SNS上で高評価コメントが多いこの番組。

しかし、SNSの密林をさらに切り込んでいくと、番組の内容に関する気になる感想がいくつか目につき始めました。そこで、「まだ『ドキュメンタル』を1話も見ていない!」という読者の皆さんのために、番組内容を予想してみることにしました。

予想① 予告編のムキムキ人志は本物なのかもしれない

「そんなわけないでしょ(笑)」とお思いですか?ならば世間の皆さんの感想をご覧ください。

異様に多い、筋肉に関するツイート

ざわ…

ざわざわ…

テレビで見かける松っちゃんの筋肉は確かにすごいけれど、説明が頭に入ってこないほどではないですよね。

ということはもしや…。

筋肉ムキムキ動画で確かめてみる?

出典 YouTube

そして、次の予想がこちらです。

予想② 視聴者も笑わないようにして観るのかも!?

ドキュメンタルの基本ルールは、いわゆる「にらめっこ」と同様で、最後まで笑わなかった人が優勝するというもの。その間、松っちゃんだけは笑っていいというのですから、なんとも鬼ルールですよね。

そして、その臨場感を最大限に味わうためには、視聴者側も笑うのを我慢しながら観ることで最大限の面白さを味わえるそうです。

みんな、耐えている

笑いをこらえて、耐え切ってからの爆笑って、なんだか気持ちよさそうです。新しいバラエティの楽しみ方かもしれません。

「僕はめっちゃ笑てるけどね」

この人の、つられ笑いに注意だ!

予想③ いつか招待状が届くかもしれない

ドキュメンタルの参加者は、宮川大輔さん、ダイノジ・大地さん、とろサーモン・久保田さん、FUJIWARA・藤本さん、野性爆弾・くっきーさん、トレンディエンジェル・斎藤さん、天竺鼠・川原さん、東京ダイナマイト・はちみつ二郎さん、マテンロウ・アントニーさん、ジミー大西さん総勢10名。

そして、番組への参加方法は招待制のようです。

あの人も招待されていた?

参加を辞退する芸人さんもいる様子

どうやら様々な理由で参加を辞退した芸人さんが複数名いるようです。

また、番組の会見では早くも第2弾の計画が発表されていたり、芸人以外の参加の可能性に触れられていたこともありますし、突然我が家のポストに招待状が…なんてことがあるかもしれません!

と、いうことはつまり…

予想④ 100万円貯めておいたほうがいいかも?

招待状を受け取った人の番組への参加費用は100万円。そして、見事笑わずに最後まで勝ち残った人への優勝賞金は1000万円!!

参加費用の工面方法が十人十色なのもドキュメンタルの見所で、例えば今回の参加者であるとろサーモン・久保田さんは、参加費を工面するために治験のアルバイトをしたり、ローンを組もうとしたジミー大西さんに関しては、年収が足りずにカード会社から融資を断られてしまったそうです。

備えあれば…!

いつか、もしも、万が一、色々な奇跡が重なって、番組に参加できることになったとしても、参加費の100万円が用意できなければ、1000万円を勝ち取ることもできません

貯金は、あれば何かと助かりますし、今のうちに備えておくのもアリかもしれません。

予想をするだけで、なんだかとっても本編の様子が気になってまいりましたが、ここで皆さんにびっくりなお知らせ。なんと、ドキュメンタル全4話の最終回の配信が、5日後の12月21日(水)に迫ってしまっているのです!

「3話まで見逃しちゃってるよー!」と、焦っている皆さん、落ち着いてください。Amazonプライムなら、好きな時間に何回でも見返すことが出来ますよ。また、30日間無料の期間もあるので、今から3話までをイッキ見して最終話配信の日に備えるも良し。お正月に4話まとめて観るのもオススメです。

年末は「ドキュメンタル」を見て、笑顔の多い2017年を迎える準備をしてみてはいかがですか?

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら