早くも話題沸騰!来年公開の映画『銀魂』

今年夏、「週刊少年ジャンプ」に掲載中の大人気漫画『銀魂』が実写映画化され、来年公開されると発表になり、大いに話題を集めました。

『銀魂』とは、江戸時代を舞台に、地球に襲来した宇宙人「天人(あまんと)」と、それに立ち向かう侍たちとの戦いを描いた、壮大な”SF時代劇”

アレンジは加えられているものの、史実に沿った人物や組織が登場することもあって、学生から歴史好きな大人まで、幅広い世代に愛されている傑作コミックの代表格です。

戦闘シーンが多いストーリーにおいてもギャグ漫画の要素も踏まえ、クスリと笑わせられる場面が随所に散りばめられているという点も、同作がファンの心を掴んで離さない大きな理由ですよね。

実写化は不可能!と言われるほどに強烈な登場人物の個性

連載開始から12年、常に人気作として注目を集めていた同作がこれまで実写化されなかった理由、それは強烈すぎるインパクトを放つ登場人物たちを、三次元で再現することは不可能!!と言われ続けていたからです。

中途半端にキャラクターを実写化してしまうと、原作ファンからの怒号が飛び交うことも少なくない、コミックの実写化。それだけに、原作が人気であればあるほど、ハイリスクを伴う挑戦とも言えます。

そんな経緯もあり、満を持しての挑戦となった同作の映画化には、これでもか!というほどの超豪華俳優陣がズラリと顔を揃えました!

出典 http://wwws.warnerbros.co.jp

なんと、主役を演じる小栗旬さんほか、菅田将暉さん、橋本環奈さん、長澤まさみさん、岡田将生さんに…

出典 http://wwws.warnerbros.co.jp

堂本剛さん、新井浩文さん、菜々緒さんなどなど…
全員が主役級と言っても過言ではないほどの豪華っぷりですよね!

コミックの実写化で、これほどまでに豪華なキャスト陣が顔を揃えたことが、未だかつてあったでしょうか?

また、原作者の空知英秋さんは、キャラが濃すぎる同作の実写化にこれだけの俳優陣が集まってくれたことについて…

漫画の実写化はイメージと違うと叩かれるのが常ですが、もう今さら何をやっても読者の皆さんの銀魂のキャラ像はブレないと信じていますし、ここに集まってくれた方々はそういう覚悟もした上で、それでも泥舟でもいいから銀魂に乗りたいと言ってくれた方々ですから、そんな人達の作るまた別の形の銀魂ならコケてもいいから見てみたいな、見てもらってもいいかなと思ったのが実写化をうけた僕の率直な気持ちです。

出典 http://wwws.warnerbros.co.jp

と、叩かれる覚悟を決めた上で出演を決意してくれた俳優たちの勇気を讃えるコメントを発しています。

主要3キャストのビジュアルが解禁!その完成度が超絶すぎる!

そして今日、主要3キャストのビジュアルが解禁となったのですが…
その完成度が予想をはるかに超えている!とファンから歓喜の悲鳴が上がる事態となっています。

そんな、原作ファンを唸らせた姿がこちらです!

鋭い眼差しは銀時そのもの!

こちらは、主役の坂田銀時を演じる、小栗旬さんです!!

なんと、2ヶ月間にも及ぶトレーニングで体を鍛え上げ、地毛も銀色に染め上げるという体当たりな役作りを行ったのだそうです。

普段は”死んだ魚の目”をしていると描かれる銀時の、いざという時の鋭い眼光を感じるこの姿には、ファンも
まんまでびっくり!!空知先生の色紙から飛び出てきたみたい」
これだけの完成度ならなんにも文句ないです!」
カッケェ!!予想以上に良かった!」
と大絶賛の嵐となっています。

普段の色気は何処へやら…

侍魂を学ぶべく、銀時の元で働く真面目な眼鏡キャラ・志村新八役に変身したのは…菅田将暉さん!

”今最もセクシーな若手俳優”と言われる菅田さんの、ワイルドなフワフワヘアーは何処へやら…。ぺちゃんこヘアーな真面目くんに大変身してしまいました。

普段のイケメンさとは、かけ離れた姿ですが…
新八そのものって感じです!」
想像以上にダメガネだ。新八でしかない。クオリティー高し。」
あまりにも新八すぎて突っ込むところがないです」
と、あまりのクオリティの高さに驚愕してしまったファンも多かったようです。

あの天使が、まさかの”ゲロイン”に!!

”鼻ホジ”や”ゲロ吐き”といったシーンがあることから、”ゲロイン”とも呼ばれる異端のヒロイン、神楽役に抜擢されたのは…なんと、”1000年に一人の美女”と言われる橋本環奈さん!

髪をオレンジに染め、青いカラコンを入れて、見事神楽に成りきった姿には
地毛オレンジにまでしてくれて、なんかもう有難いとしか言えない。」
完成度たっけぇなオイwww」
イエーーーイ!神ってる!」
と、勇気のいる役作りを見事にこなした姿に絶賛のコメントが寄せられるも、「これで”鼻ホジ”すんのかぁ…」と、可愛すぎる故の心配を呟く声も多々寄せられていました。

各キャストがこれまでにない程の、本気の役作りをして挑んだ今作。原作ファンをがっかり…なんてさせるはずがありませんね!

公開が楽しみすぎる!

主要3キャストの完成度の高さに加え、今回メガホンをとったのがドラマ「猿ロック」(読売テレビ)や「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京系)、映画「HK 変態仮面」の脚本や演出を手がけた福田雄一氏ということも、多くのファンが本作に期待を膨らませる要因ですよね。

今後続々と公開されるであろう、他キャストのビジュアル解禁も楽しみでなりませんね!
来年夏の公開が今から待ちきれません!

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら