埼玉県飯能市にオープン予定のムーミンのテーマパーク「ムーミンバレーパーク」の公式サイトがついにオープン、開園スケジュールやパーク内施設についての詳細が発表されました。

東京ドーム5個分の安らぎの世界!

出典 https://moomin.co.jp

ムーミンのテーマパークが出来るのはこちら!小さな発見に満ちた北欧時間の流れる森と湖「メッツァ」です。「メッツァ」は「メッツァビレッジ」と「ムーミンバレーパーク」からなる優しい空間。

北欧のライフスタイル体験ができるメッツァビレッジ

2018年秋開業予定のメッツァビレッジでは、ムーミンの生まれた北欧のライフスタイルを体験できる自然豊かなスペースです。入場無料なので気軽に行かれるのが魅力。

日常的にお越し頂ける自然豊かな公園機能を維持し、自然を身近に感じて頂ける施設やアクティビティを展開します。新鮮な地元野菜や工芸品などをご購入頂けるマーケットや、サウナを併設した宿泊施設、グランピング施設を計画しています。

出典 http://prtimes.jp

ムーミンの世界がここに!ムーミンバレーパーク

2019年春グランドオープン予定のムーミンバレーパークは、まさにあのムーミン谷に迷い込んだよう。ムーミン谷の仲間たちにも会えちゃうそうです。

ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷や、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクション、物語の中で登場する灯台や水浴び小屋、ムーミンの物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じて頂ける施設などを計画しています。 また、ムーミンバレーパークのオリジナル商品を展開する大型のギフトショップやレストランなども計画しています。

出典 http://prtimes.jp

イメージ動画を見ていると、美しい森や宮沢湖の景色はそのままに、ムーミン達がそこにやって来るようですね。

「ムーミンバレーパーク」には、ムーミン屋敷はもちろん、水浴び小屋、エンマの劇場、海のオーケストラ号、おさびし山の天文台などが設けられ、ムーミン原作の物語世界をたっぷり楽しめるものになりそう。

出典 http://moomin.co.jp

ムーミンのテーマパークは、作者のトーベ・ヤンソンの故郷であるフィンランドの「ムーミンワールド」以外にはなく、世界中で日本が初めて!「ムーミンワールド」では、ムーミンの家に入って散策することができたり、スナフキンの家でスナフキンが話を聞かせてくれたり、パーク内の郵便局から手紙を出すとムーミンのカワイイ消印が押されて届いたりしますが、日本はどうなるのでしょう。ワクワクしちゃいますね。

複数のアトラクションも出来るそうです。このイラストは、シアター型のアトラクションのようですね。

原作でムーミン家が劇を演じた“エンマの劇場”が再現!ここでは、ムーミン谷の仲間たちのショーが。

「メッツア」とは、フィンランド語で「森」という意味。まさにムーミンの世界にふさわしい本物の広大な自然も大きな魅力となるでしょう。

フィンランドのムーミンワールド同様、自然に囲まれてゆったりとした時間を過ごせる場所になりそうです。他にもオリジナルグッズやフードメニューなども気になるところ。メッツァビレッジには宿泊施設もあるので、遠方の人も安心です。

ワクワクが止まらなくなるイメージ動画はこちら!

出典 YouTube

都心から1時間あまりのアクセスで、あのムーミンの世界に行かれるなんて夢の様。フィンランド大使館が「日本に2015年オープンを目指してムーミンのテーマパークを建設する」と発表してから随分と時間がたち、オープンも前回の発表では2017年、今回更に2018年と伸びてしまいましたが、公開されたビジュアルを見ると、どれも素晴らしくて期待は膨らむばかり。今から2018年が待ち遠しいですね。

公式サイトはこちら

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら