記事提供:日刊大衆

11月28日に放送された『なるみ・岡村の過ぎるTV』(朝日放送)で、ナインティナインの岡村隆史(46)の女性慣れしていない一面が明らかになり、ファンの間で「かわいい!」と話題になっている。

この日の放送では「女性にフレンドリーすぎるゲスト」として、TKOの木本武宏(45)が出演。岡村は、木本がモデルの中村アン(29)とかなりフレンドリーに接していたというエピソードを明かした。

岡村いわく、木本はラジオ番組の収録後に、中村の髪を「ウェーイ」と言いながらかき回していたそうだ。

プライベートでも中村と仲が良いという木本は、「そんなにビックリする?」と首をかしげ、中村の腹筋を確かめるために「どれくらい腹筋ができあがったんだろう」と、服をめくったこともあると告白。

サラッと明かした木本の女性へのフランクな態度に、岡村は言葉を失っていた。

岡村としても木本のような態度に憧れがあるようで、「だって、触りたいやん。中村アンちゃんに触りたいやん」と思わず本音を漏らしたが、「僕ね~アンちゃんの」と話を続けた木本に「アンちゃん!?」とツッコミ。

木本のフレンドリーさに「よう呼ばん…」と、信じられないといった表情を見せた。

「岡村が女性とのコミュニケーションが苦手になったのは、昔のトラウマがあるからなんですよ。

以前、ラジオ番組で雨上がり決死隊の宮迫博之(46)が明かしていたんですが、21歳の頃に宮迫が岡村に知人女性を紹介したそうなんです。

すると、その女性が岡村に対して、かなり男性慣れした態度をとったため、岡村は『女性は不潔』という印象がついてしまったらしいんですよ。

それ以降、岡村は女性に対して一歩引くようになり、コミュニケーションがうまく取れなくなってしまったようですね」(お笑いライター)

岡村の一連の発言は女性ファンを刺激したようで、「かわいい!」というコメントがSNSなどに続出。

「下の名前で呼べないとか、中学生みたいでキュンとする!」「女性とのコミュニケーションに不慣れな岡村さん萌える~」「めっちゃモジモジしてる、かわええのう!」「緊張しちゃうのかな?母性本能くすぐるわ」といった女性からの声が数多く上がった。

女性を下の名前で呼べない、という岡村に、木本は「そこなんですよ!」とダメ出し。岡村の下心がコミュニケーションのヘタさにつながっていると指摘した。

「僕は結婚してる。だから女の子と何かなるなんてみじんも思ってない」という木本に、岡村はまたも言葉を失っていた。

権利侵害申告はこちら