記事提供:Conobie

「おかーちゃんもオシャレすればいいのに」と、息子は言ってくれるのですが…。

ある日、テレビを見ていた時のはなし。

テレビに出てくるきらびやかなおねーさま方を見て次男・シュンが一言。

「おかーちゃんもこういう、オンナマエの靴をはけばいいのに」

ですって。

“オンナマエ”の靴、かぁ…。オンナマエの靴じゃあ、走れないしなぁ。踏んばれないしなぁ。

もう何年も、まともに履いていないなぁ…。

…ついでに言うと、ネックレスも。最後につけたのはいつだろう。

そこそこ良いネックレスを二回ほどひきちぎられて以来…。

つけていないなぁ~~。最近ではもっぱら「動きやすくて、汚れても気にならない」重視の格好をしているわたし。

オシャレから程遠くなってしまったなぁ。と、そんなことを思って、

こっそりと、たそがれた母でした。

元来わたしは、オシャレには疎いオンナなんですけどね。

時々、着飾りたい気分になることがあるのです。

だけど子どもとノンストレスで過ごす時間の方がわたしにとっては大事。

現在我が子たちは、8・5・3歳。

まだあと数年はラフな格好のおかーちゃんでいようと思います。

権利侵害申告はこちら