ツイッターで、ジョージア州ダルース出身の1人の大学生が呟いたこんなツイートが話題になっています。

私はカレッジ(大学)に全学期通うために家を出ているのに、私の犬はバスが来るたび、私がおりてくるのではないかと、待ち続けています。

18歳のカーリー・ダンさんは、ジョージア州立大学の新入生として新しい生活を始めるために、彼女は愛犬の”ブー”にさようならを言わなければなりませんでした。

出典 https://www.buzzfeed.com

カーリーさんと愛犬のブー

「私が家を出る度に、ブーはとても悲しい表情をします。時にそれがとっても辛くなり、ブーを一緒に連れて行くことになります。」とカーリーさん。

火曜日、ダンさんの父親がブーの写真と共に、テキストメッセージを送ってきました。

「君がかつて乗っていたスクールバスを窓の外に見つけたブーは、君が降りてくるのではないかと期待して窓に張り付いてずっと見ていたよ。」

まだ家から学校に通っていたころ、ブーはダンさんが学校から帰ってくるのを毎日待っていました。ブーのその習慣は、ダンさんが大学生になり、家を出てから数か月経っても抜けていないというのです。

「私はとても悲しくなりました。父には、”ああ~、ブー!”とテキストメッセージを返信しました。」

彼女のこのツイッターでのつぶやき中の、健気なブーの姿は、とても多くの人たちの涙を誘い大変話題となりました。

彼女の上記トップのツイートは約57,000件のイイね!リツイートは約22,300件以上、コメントは340件近く入っています。

何故、私は今、しかもクラブで泣いているのかわかりません。

私の心は砕けてしまったわ

犬に勝るものはなし(涙)(涙)

君は落第してでもブーに会いに行くべきだ

ブーのために家に戻ってあげて(号泣)

君はカレッジに行く必要ない

これはなんて哀しすぎる話なんだ…可哀想な子犬ちゃん

お願いだから、彼のためにもバスから降りてあげて

ダンさんが家を出てから初めて大学から家に戻ってきた時に、ブーはとても興奮して喜んだそうです。

「ブーは走ってきて、私に飛びついて、私に撫でてとおねだりし続けました。」

もうすぐ大学の冬休みなので、ダンさんは休暇中は家に戻るそうです。きっとブーも大喜びすることでしょう。本当に健気で可愛いですね!!

ダンさんのツイートから、ブーは世界中でニュースになり、とっても有名になりました。

ブー、有名になったよ♡

参考資料

筆者も渡米した時、日本の実家にいた愛猫が、しばらく家中、筆者のことを探し回って鳴き続けたそうです。その話を当時、母親の手紙で知り、フロリダの大学の寮で涙したことを覚えています。犬も猫も、愛する人の事は、よく覚えているんですよね。彼らの純粋な愛は不変です。

なお、この記事と写真の使用、ツイッターのリンクなどすべては、カーリーさんに許可をいただいています。更にカーリーさんのツイッターにこの記事がリツイートされています。

動物関連記事

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら