神田うのさんには5歳になる娘さんが一人います。現在幼稚園に通っていますが、お弁当は持参のようなんです。セレブなイメージが強いうのさんですが、愛娘のお弁当作りは自分でも行っています!

この前もお弁当のための大量の作り置きを夫婦で合作しました。

①600gのひき肉でコロッケ作り

本日久々に冷凍食品会社化しました(笑)
本日扱った挽肉の量は1.5kg

色々作りましたがまずは
コロッケ作りからスタート
コロッケには
1.5kg中、600gの挽肉を使用しました

時間がかかった成形

さぁ〜ここからがお給食のおばちゃま化(笑)
せっせと形を作って→小麦粉→卵→パン粉の作業

量が多くてなかなか減りません
がそこを何とか頑張ります
娘のお弁当用の大量生産です(笑)

お弁当だけでなく
もちろんお夕食などでも使います。

全部で25個のコロッケが完成

出来たー
そして1つづつラップに包んで
まとめて冷凍致します

使いたい時に揚げるだけ
今日はお夕食用にパパが揚げてくれました

娘の小さいサイズ
最後は疲れてタネを
かなり大きくしちゃいました(笑)

それでも全部で25個のコロッケを作っていましたパパが揚げてくれている間に
私は次の冷凍食品作りに
取りかかります

②600gのひき肉でハンバーグ作り

コロッケ作りの後は
ハンバーグ作りです
こちらには600gの挽肉を使用しました

ハンバーグタネ作り。
キャッチボールして出来上がり

こちらを焼くのは
パパの係〜

残りのひき肉でミートソースも

1.5kgの挽肉のうち残りの300gで最後は

お野菜たっぷりミートソースを作ります
私は挽肉を炒めパパは隣りで

ハンバーグを焼き焼き
炒めておいた残りの玉ねぎを全て投入
お次はミニサイコロカットした

人参とズッキーニと赤、黄パプリカを投入
赤、橙、黄、緑の4色のお野菜が入って
綺麗です

ジップロックで冷凍

その頃パパも隣りでどんどん
焼いていきます

焼き終わったら
こちらもラップで1つ1つ包んで
冷凍致します

夫婦合作冷凍食品の出来上がり

いかがでしたか?合計1.5kgのお肉を使い、コロッケやハンバーグなど子供が喜ぶおかずを大量生産していました。お肉の量にも驚きましたが、うのさんがせっせと成形している姿もなんだか新鮮。両親の愛がたっぷり詰まったお弁当は、きっと娘さんも喜んだでしょうね。

この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら