記事提供:Techinsight

お笑い芸人10名が100万円を持ち寄り、総額1000万円獲得を目指して笑わせあう。松本人志によるこの番組の完成披露試写会が30日、都内にて開催され、松本のほか、ジミー大西、宮川大輔、藤本敏史ら芸人9名が登壇した。

大金をかけているだけに各自、真剣勝負となったようだ。

Amazonオリジナル『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』完成披露試写会に出席したのは、松本人志のほか、同番組に参加者として出演しているジミー大西、宮川大輔、藤本敏史(FUJIWARA)、くっきー(野性爆弾)、ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)、久保田和靖(とろサーモン)、アントニー(マテンロウ)、川原克己(天竺鼠)。

参加者10名が同じスペースで制限時間6時間をともに過ごし、笑った人から脱落していく。最後に残った人が優勝賞金1000万円を獲得できるルールだ。

松本は別室からチェアマンとして、参加者たちを見守る。

報道陣と一緒に10分ほどの試写を見て、「改めて見ると面白いな」と感想を漏らした松本は「お笑いには大喜利、漫才、コントがあるけど、かぶっていない部分で、密室芸は今までなかったかなと」と同番組の意義を語る。

宮川大輔は、参加した経緯について「兄さん(松本)から手紙が届くんです。(参加費の)100万円は大金だから、やるか、やらないか持ち帰っていたら、(松本から)“大輔(出演を)しぶっているらしいな”と言われて。面白い番組に参加させていただいて光栄です」と複雑な胸のうちを明かした。

藤本敏史も「お笑い界のバトル・ロワイアルに参加できた」と誇らしげだ。

しかし参加費100万円を集めるのに苦労した芸人もいるようで、アントニーは「8人ぐらいにお金を借りて。若手芸人の中で“アントニーがやばいことになっている”という噂が立った」とこぼした。お金を借りる理由は言ってはいけないルールだったという。

また久保田和靖は、「大学の治験に行ってきて、右手に塗り薬を塗って、2日間タコ部屋に入って30万もらった。こっちは命かけてやっている」と訴えた。

久保田は昔、食べられないときにも治験を経験済みで、その際は薬の副作用により腕がパンパンに腫れてしまったそうだ。松本は「すごいね、みんないろいろ背負って集まってくれて」と感謝した。

メンバーの中で一番の強敵は天然で何をしでかすか予想不能なジミー大西だったようで、藤本は「無意識に皆さんジミーさんをつぶそうというのはあったかもしれませんね」と振り返る。

そんななか、まだ冒頭10分ほどでセーラー服に着替えるという“爆弾”を放ったジミーは皆からそれを責められて、「早いところ誰かをつぶしたかったんです」と弁明。

ジミーは登壇中、勝敗についてうっかり何回もネタバレしそうになり、皆が慌てて制止する一幕も。松本は「ふざけているんですよ。本当はちゃんとした人です」ととぼけていた。

松本は「僕もやってみたいな。僕はすごいゲラなので(すぐに笑ってしまうので)、秒殺で終わる可能性もありますが、楽しい世界に入っていきたいなというのがありますね」と今度は参加者としての出演に前向きな様子。

イベントの最後に、第二弾が松本次第で制作されることが発表された。「ジミーちゃんまた出てくれる?」と早速出演交渉をした松本。次回松本は参加者にまわるのか?

なお、同番組参加者として出演している斎藤司(トレンディエンジェル)、大地洋輔(ダイノジ)は欠席した。

同番組はAmazonプライムビデオにて同日より独占配信中。

権利侵害申告はこちら