記事提供:gori.me

iOS 10.1.1が動作するiPhoneの電源が突然落ちると言う不具合が一部で発生していることが明らかになっている。

このバグに関するAppleサポートフォーラムの投稿数は15ページを超え、遭遇しているユーザーの投稿によるとiPhone電池残量が30%になると突然電源が落ちると報告している。

電源が落ちた後、充電すると数秒後には30%に戻る

もちろん、これは海外のみではなく国内でも同様の不具合に遭遇している人は多数見受けられている。報告されている内容と同じく電池残量が30%になると突然電源が落ちると投稿している人が圧倒的に多い。

不可解なのは電源が落ちた後、iPhoneを充電すると数秒後には復活し、電池残量が30%と表示されるとのこと。iPhoneは電池残量があると認識しているのにもかかわらず、まるで電池切れをしたかのように力尽きてしまっているのだ。

先日、Appleは「iPhone 6s」に対し、予期せず電源が落ちる修理プログラムを発表。

【関連】Apple、「iPhone 6s」が予期せずに電源が落ちる不具合の修理プログラムを実施

今回報告されている不具合は「iPhone 6s」に関わらず、最新モデルであるiPhone 7」を含む「iPhone 5s」以降のデバイスに発生している模様。

また、「iOS 10.1.1」だけではなく「iOS 10.1」や「iOS 10.2」が動作するiPhoneでも同様の問題が見られているとのこと。

今のところAppleからは何も発表はないが、ハードウェアではなくソフトウェアの問題である可能性が高いと見られ、次期iOSアップデートで修正を目論んでいるのかもしれない。

出典:The Next Web

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス