ネットで話題となった、宮崎県小林市の移住促進PRムービー「ンダモシタン小林」や、

大分県内各地の温泉で、華麗なシンクロナイズドスイミングを披露するPR動画「シンフロ」など、ここ数年、日本各地の魅力を紹介する「ご当地PR動画」が大人気となっていますが、そんな中、先日公開された、宮城県・登米市のオリジナルPR動画

「Go! Hatto 登米無双」

これが「面白い!」「クオリティ高っ!」と現在、ネットを中心に話題となっているので紹介したいと思います。

宮城県登米地方の郷土料理「はっと汁」を題材とした「Go! Hatto 登米無双」。なお、設定は謎すぎるのですが(笑)、映像は80年代の香港映画(アクション映画)を彷彿とさせる仕上がり!これは「ンダモシタン小林」、「シンフロ」に続くかもしれませんよ!

「Go! Hatto 登米無双」開幕!

台所で郷土料理「はっと汁」を仲良く作る親子。

ちなみに「はっと汁」とは、登米市に古くから伝わる料理でして、小麦粉を水で練って熟成させたものを指で薄くのばし、茹で上げた、ツルツル、もちもちの食感がやみつきになる郷土料理。

また、家庭料理としてはもちろんのこと、登米市内のお店でも、気軽に食べる事が出来るソウルフードなのだそうですが…

そんな愛すべき郷土料理に、突然、まさかの悲劇が襲い掛かります。

店の扉が開いたかと思うと、突如、入ってきた謎の集団。彼らの手には

御法度の文字が!

実はこの「はっと汁」という料理。その昔、小麦から作られる”はっと”が美味しすぎて

「百姓が米を作らなくなるのでは?」

と心配した領主がご法度(禁止)にしたことから、「はっと」と呼ばれるようになったと伝わっており、その美味しさは折り紙付き!

そんな絶品料理を、登米市民から奪い、独占しようとする悪の組織。

抵抗するも、次々にご法度になっていく「はっと汁」。

悲嘆に暮れる市民。

登米市の一大危機!

もはやこれまでか!と思われたこの状況…。

しかし、ここで一人のお婆ちゃんが立ち上がるんです!

「はっと汁」、いや、“登米市民”を守る為

封印していた秘技「登米無双」を解き放つお婆ちゃん。

では、謎すぎる設定ではあるものの、思わず見入ってしまうPR動画「Go! Hatto 登米無双」。どうぞお楽しみ下さい!

出典 YouTube

メイキング映像も合わせてご覧下さい!

出典 YouTube

思った以上の本格アクション!(笑)これは凄い!

ばったばったと敵を倒していくお婆ちゃん。

その姿は、アクション俳優も二度見するレベル!

なお、↑コチラが「はっと汁」を独り占めしようとしていた、悪の組織のボスですが、

お婆ちゃんの渾身の一撃によって

2階から突き落とされるボス。

これはどう見ても本格的すぎますよね。(笑)

お婆ちゃんの活躍によって、無事に取り戻せた「はっと汁」。設定は謎ですが、十分、楽しめたのではないでしょうか?(笑)

ちなみにお婆ちゃんを演じた役者さんは、1955年生まれ、現在61歳の藤村亀吉(金子早苗)さんと言う女性の方だそうで、殺陣歴約30年の大ベテランとのこと。そりゃ、強いわけですね。(※殺陣 → 刀などを使った、時代劇などで行う“ 立ち回り”のこと)

数あるPR動画の中でも、完成度は群を抜いて高い「Go! Hatto 登米無双」。興味を持った方は是非、「はっと汁」を食べに登米市に足を運んでみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス