「赤ペン先生」といえば、ベネッセコーポレーションが展開するサービス「進研ゼミ」における添削指導員のことで、テキストに付いている受講科目のペーパーテストを解いて返送すると、赤ペン先生が丁寧に答案を採点し、答案の出来具合に合わせた勉強アドバイスなどを赤ペンで記入して送ってくれることで知られています。

私の「あと少しだよっ!」のひと言で、できなかった問題ができるようになったり、苦手な教科もがんばる子どもの姿にこの仕事をやってよかったと感じています。

出典 http://www.akapen.jp

※進研ゼミ小学講座の赤ペン先生募集情報より引用(現在募集は行っていません)

添削の内容だけでなく、自分が書いたコメントに赤ペン先生が返事をしてくれるフリーコメントも楽しみのひとつなのですが、そんな赤ペン先生が“もしも辛辣だったら”というていで書かれた、Twitterユーザーの「ニャイド」さん(@nyaed)の『辛辣な赤ペン先生ごっこ』が注目を集めています。

『辛辣な赤ペン先生ごっこ』ってなんだろう…?と思いますが、見てみると一目瞭然!?赤ペン先生のコメントがめちゃくちゃ辛辣なんです…。

それではどんな内容なのか見てみましょう!

お父さんと雪だるまを作ったことを伝えると…

出典 https://twitter.com

お父さんと雪だるまを作ってあそんだのですね。楽しそうでうらやましいな。

さて、本だいに入りますが、こんなかんたんなかけ算をまちがえているようではこの先くろうしますよ。

でなおしてきな。

出典 https://twitter.com

マジか…。これはさすがに辛辣すぎるでしょ…。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

友達と3DSで遊んだことを伝えると…

出典 https://twitter.com

友だちと3DSであそんだのですね。なんのゲームであそんだのかな?

それはさておき こんなにかんたんなもんだいをまちがえておきながら ゲームをするとはよいごみぶんですね。

出典 https://twitter.com

良い御身分ですねって…言い方こわ…。

サッカーの大会で優勝したことを伝えると…

出典 https://twitter.com

サッカーの大会でゆうしょうしたのですね。おめでとう!!

そのさいのうをすこしでもべんきょうにあてられればよいのですが。

出典 https://twitter.com

せっかく優勝したのに…(笑)

(※権利者の許可を得て掲載しています)

新しいポケモンを捕まえたことを伝えると…

出典 https://twitter.com

あたらしいポケモンをつかまえたのですね。よかったですね。どうでも。

ゲームのはなしはせめてひきざんをかんぺきにしてからしてください。

出典 https://twitter.com

ど う で も !?…ヒドイなぁ…(笑)

寒くなってきたので…

出典 https://twitter.com

さいきんはとてもさむいですから たいちょうにはきをつけましょう。

あまりにもけいさんミスがあったので すでにインフルエンザにでもなったのかとおもいました。

出典 https://twitter.com

嫌みな…(笑)

雪で遊ぶのは…

出典 https://twitter.com

ゆきであそんだんですね。たくさんふったものね。

ゆきであそぶのは犬でもできます。もしかしたらたろうくんができないかけざんもできるかもしれませんね。

出典 https://twitter.com

遠まわしに犬以下と…。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

ど…どれも辛辣すぎるでしょ…(笑)こんな赤ペン先生イヤだーーー!!(笑)

こちらの『辛辣な赤ペン先生ごっこ』ツイートは話題となり、特に最新の投稿(第3弾)は1万RT(リツイート)を越えるほどの反響がありました。これらのツイートを見た人たちからは…

「こんなん書かれたら勉強するしかないやんww」
「面白そ!やりたい笑」
「ときめいた」
こんな赤ペン先生ヤです(´;ω;`)」
「ごっこにしてはリアルすぎるwww」
「威圧のあるひらがなだ」
字うますぎwwwwww」

などの声がたくさんあがっています!

中には、本物の赤ペン先生に「最近友達関係も部活も充実してて、あとは恋愛がうまくいけば…(笑)」みたいなメッセージを茶目っ気のつもりで書いたら「ハハッ、寝言はいいから勉強しような、ぼうや」みたいな冷たい返事来たの思い出した、なんて言う人のコメントも。

実際にも辛辣な赤ペン先生がいたんですね…(笑)

ちなみに…

Licensed by gettyimages ®

赤ペン先生は退会してから添削問題を提出しても、指導期限内なら採点して返送してくれるそうなので、溜めまくっているという人は送ってみても面白いかもしれませんね(笑)

この、子供も大人も涙目になる『辛辣な赤ペン先生ごっこ』は、現在、第3弾まで公開されていますが、これから先の投稿が気になる方は是非「ニャイド」さんのTwitterアカウントをチェックしてみてくださいね!

もしかすると、ネット上で『辛辣な赤ペン先生ごっこ』ブームが巻き起こるかもしれませんね!

※本記事に掲載しているツイートは、全て権利者の許可を得て掲載しています。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス