記事提供:おたぽる

元プロレスラーの前田日明が26日、都内のスタジオでネット番組『前田日明のちょっと来いTV!!』の収録を行った。

途中、秋葉原の地下アイドル仮面女子アリス十番の桜のどか、森カノン、立花あんな、桜雪、川村虹花の5人が「殴り込み」と銘打って収録に飛び入り参加。

「滑舌悪いんだよ!」など、前田の弱点を突いて挑発し、対抗心を見せつけたが、前田の方は全く動じず。

5人の貧乳ぶりを指摘しつつ、「(HKT48の)指原(莉乃)のように、隠れ彼氏でも作って、いっぱいもんで吸ってもらいなさい」と軽くあしらって5人を愕然とさせた。

「話があんだよ!」と威勢良く収録に飛び込んでいった仮面女子の5人。

前田が主催する格闘イベント「RINGS/THE OUTSIDER SPECIAL」(12月11日開催)にラウンドガールとして出演したい旨を直訴するための乱入だったが、これはもちろん演出上のパフォーマンス。

見事にラウンドガールの出演を勝ち取り、収録を終えて報道陣の前に姿を現すと、前田を中心に一列に並んですっかり友好モード。

番組内では対決姿勢を全面に押し出していた前田も、5人を前にデレデレで、「AKB48に始まって、あっちこっちでアイドルブームだけど、仮面女子は仮面をかぶって出てくるとかコンセプトが面白い。みんなかわいいしね」と絶賛。

リーダーの桜のどかは「ファンの人に前田はヤベエよって言われて、ちょっとビビっていたのに…」と前田の優しい素顔に拍子抜けの様子で、桜雪も「私たち一応殴り込みにきたのに…前田さんが思ったより優しくて困っています。どうせならブスって言われたかった」と苦笑い。

ほかのメンバーも「パパみたいで優しい」と前田に好印象を持ったようだった。

仮面女子のラウンドガールについては、前田から「うちは基本的にビキニとかヘソ出し」と大胆衣装を着るよう要請があったが、5人は「わたしたちのことあんまりスケベな目で見ないでください」と、これに不満げ。

前田はそもそも女性の好みに関しては大の巨乳好きだといい、胸に自信のない5人を前に「理想はF(カップ)かG(カップ)。なおかつ、ちゃんとフィットネスで筋肉をつけた上での巨乳がいい」と理想の巨乳像まで披露。

5人の胸を覗き込んで「(わざと)つぶしているの?」と貧乳をからかうなどしたが、5人は「そんな人、なかなかいないですよ!」と猛反発。

「仮面女子もライブで鍛えているので、(ラウンドガール当日は)そのボディを見せつけてやります!」と意気込んでいた。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス