アメリカ、ニューハンプシャーの学校で用務員をしているロン・マンシー(Ron Munsey)さん。昨年までは、週に60~70時間も仕事をしていた忙しい会社員でした。

小学1年生のクラスを担当するアンジー(Angie Perron Wyand)さんはロンさんについてく語ってます。
「ロンがいてくれてとても助かるの。何か用事をお願いするといつもきちんと頼んだ以上んことをしてくれるし、彼が掃除をしてくれると本当にきれいなの。」

アンジーさんが、テレビのトークショーにタグをつけてツイッターに投稿したことが、多くの人がロンさんとロンさんのカーペットアートを知るきっかけになりました。

最初はシンプルな模様から

出典 https://photos.google.com

チャーリー・ブラウン

出典 https://photos.google.com

チャーリー・ブランができるまで

出典 YouTube

掃除機は背中に担いだタイプのようです。細かい部分は、ノズルを使います。自分でもできるかな?

後半は隠しカメラで「Good Morning America」に出演が決まったと告げられて驚くRonさんが写っています。

スヌーピーを囲んでうれしそうな生徒たち

出典 https://photos.google.com

生徒たちが下校し、翌朝登校してくるまでの間がロンさんが学校で働く時間。

子供たちと直接顔を合わせることはありませんが、カーペットの絵を通してロンさんは子供たちと繋がることができているに違いありません。

スポーツチームのロゴ

出典 https://photos.google.com

ワールドシリーズの覇者 シカゴ・カブス

出典 https://photos.google.com

プロフットボールチーム NFL マイアミ・ドルフィンズのいるかのロゴ

ハロウィンにはジャックオランタン

出典 https://photos.google.com

副校長のダン(Dan Mitchell)さんによると
「ロンさんは、家で掃除機をかけるときにカーペットに絵を描きたいとずっと思っていましたが、奥さんにきつく止められているからできないと話していましたよ。」

鼻歌を歌いながら掃除をする人は多いと思いますが、ロンさんの場合、掃除機をかけながら絵を描くというのは、ごく自然なことなのでしょう。

ミッキーマウス

出典 https://photos.google.com

ホワイトハウス

出典 https://photos.google.com

子供たちは、自分たちが学校に居ない間も、誰かが一生懸命働いて学校をいつもきれいな状態にしてくれているということも学ぶことができる良い機会かもしれません。

THANK YOU

出典 https://photos.google.com

ハッピースマイル&THANK YOU

学校に来るのを楽しみにして欲しい

「今日はどんな絵かな?と楽しみに登校してくれる子供がいるとしたら、子供たちの教育に何かの形でほんの少しでも役に立てているかなと思っています。」

学校で日常の中に見つけた小さなサプライズ。そのサプライズが温かい思い出として子供たちの胸の中ににずっと残ることでしょう。

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス