人生というのはどこでどう変わるかわからないものだということは、パキスタンのお茶売りの男性がモデルになった時にもみなさん感じたのではないでしょうか。

お茶を売るにはイケメン過ぎる…!

自分の人生が1枚の写真をきっかけに予想外の方向へ転ぶなんていうことは、本当にその人に運められた人生、まさしく運命ではないでしょうか。このほどこの男性も同じ気持ちでいることでしょう。

オランダのアムステルダムで建設作業員として働いていた26歳の男性が、観光客に1枚の写真を撮られたことがきっかけでモデル業界へと転身し、自身も驚きを隠せない様子です。

「誰か彼と契約して!」

21歳のロンドナーであるダニカ・マグダレーナさんは、アムステルダムを観光で訪れました。普段から写真撮影やショートフィルム作りを趣味としているダニカさんは、アムステルダムのある建設場で働く男性に目を留めました。そして写真を撮らせてもらったのです。

その写真を自身のInstagramやTwitterに投稿し、ダニカさんは「彼がとても美しかったから写真を撮らせてもらったの」と書き込みました。

「あなた、モデルなの?」とダニカさんに聞かれたニッキー・リバートさんは「まさか。僕がモデルだったらここにはいないよ」と笑顔で応えました。ところが、この会話が後に現実になるのです。

ダニカさんはSNSで「誰か彼と契約して!」とニッキーさんの写真をシェアするようにユーザーたちに薦めました。そしてニッキーさんのInstagramが見つかるまでさほど時間はかからず、ニッキーさんの存在はSNSでたちまちセンセーションを巻き起こしました。

「エリート・アムステルダム」モデル事務所と契約

1週間も経たないうちに、「エリート・アムステルダム」という有名モデル事務所から声がかかり、モデルとしての契約をしたニッキーさん。彼の写真はモデル事務所のInstagramにも投稿されました。そしてニッキーさんのInstagramはこれまでフォロワーは500人未満だったのですが、これをきっかけに一気に35,000人に増えたそうです。

「ジェットコースターに乗っているようだ」

ニッキーさんは、1週間で変わってしまった自分の人生についてこのように語っています。

「なんて素晴らしい1週間だったんだろう。まるでジェットコースターに乗っているみたいだ。全てが変わってしまった。これからはそれに慣れていかなきゃいけない。でも慣れれば慣れるほどこの人生はだんだん良くなっていくってわかるよ。この機会を与えてくれたダニカさんに心から感謝したい。」

まるで映画か小説のような最高のスタートダッシュを切ることができたニッキーさん。これからは、モデルとして活躍していくことを多くの人たちが期待していることでしょう。

夢にも思っていないような出来事が現実になった時は、誰しも現実をフワフワと浮かんでいるような気持になるのではないでしょうか。ニッキーさんの興奮や喜び、そして幸せはきっと一言ではとても言い表せないものでしょう。

これからの彼の活躍が楽しみですね!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス