突然ですがみなさん、この男性、誰だと思いますか?

坊主っぽい金髪にガチムチなマッチョ体型、そして「笑」について熱く語ってる風なこの姿はそう…

「ダウンタウンの松本人志です」

字幕にも紹介のテロップにもちゃんと「松本人志」と書いてあります。胸筋、上腕二頭筋も「ダウンタウンの松本人志」そのもの。

違うやん。誰やねん。なんでやねん。

そんなツッコミは不要です。今回、ここに登場するのは「ダウンタウンの松本人志」だとしっかり思い込んで記事を読み進めてください。

記事を読むのが面倒な人は、どうぞ動画をご覧ください。

では続けます。

プレゼンを始める「ダウンタウンの松本人志」

この「松本人志」は、単なる「笑」について語っているのではありません。「松本人志」が独自に考案したとある番組のプレゼンテーションを行なっているのです。

「松本人志」が考案した『ドキュメンタル』

番組名は『ドキュメンタル』。通常ならば、どんな番組で出演者は誰でいつみられるのか云々を丁寧に紹介していくところなのですが、今回はあの「松本人志」のプレゼンをほぼそのまま使います(若干のアレンジあり)。

参加者は10人の芸人(※松本人志を除く)

参加費は一人100万円と高額

制限時間は6時間

最後まで笑わなかった者が勝ち

笑っていいのは「松本人志」だけ

「私、松本人志」が『あ、コイツ今笑ったかな』と判断した時点で即退場

持ち込み・仕込み・誰かと組む・尻を出す、オールOK

最後まで生き残ったら賞金1000万円

以上「ダウンタウンの松本人志」でした

「ダウンタウンの松本人志」でした

いかがですか?「ダウンタウンの松本人志」に見えてきましたね?

それはよかったとして、あの「松本人志」は動画の中で肝心の「いつ、どこで、どうやったらみられるのか」について全く触れていませんでした。ですので、最後にヒントをお知らせします。

もしくは「ドキュメンタル」で検索

ちなみに番組はもう始まっていて、第2回まで進んでいるので急いだほうがいいかもしれません。それどころか、セカンドシーズンまで決まっているというから、どんだけ期待されてるんやって感じです。

次回はもっと丁寧で具体的な番宣を予定しています。お楽しみに!

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら