育児に悩み、疲れてしまった母親による子への虐待。メディアでこの問題が報じられる際や、一般市民レベルで議題になる際、多くの場合「母親がひどい」「母親がありえない」と一元論的に語られます。
 
しかし、そのような行為に走ってしまった母親のなかでも大きな葛藤があったはず。周りの支えがあれば避けられたことかもしれない。そして、これは決して特殊なケースではなく、誰もがそうなってしまう可能性がある。
 
そう考えて作られたラップの曲があります。歌っているのは、日本で名実ともにナンバーワンHIPHOPグループであるRHYMESTER。2011年3月に発売されたアルバム『POP LIFE』に収録された『Hands』という曲です。歌詞を見ながら、母親による虐待について少し考えてみませんか?
 
この曲のサビはこのような歌詞です。

差し伸べよう 握りしめた手のひら拡げて
生まれたての命のSOS 消える前に閉ざされた扉拡げて
差し伸べよう 握りしめた手のひら拡げて
生まれたての母性のSOS 消える前に差し伸べよう

出典 http://mojim.com

ラップ部分の歌詞も、子育てを経験したお母さんなら共感する部分も少なくないのではないでしょうか。

ああ…… キミの泣き声はどんな音楽よりママを揺さぶる
時に癒しのメロディ奏でる 時に酷く神経 逆撫でる

出典 http://mojim.com

ママは少々疲れてるだけさ 理想像に取り憑かれてるだけさ
今はただただ眠れ母の胸で 母も眠れ その手の痛み忘れて

出典 http://mojim.com

誰にとってもそれは初めてだらけ
あの日オトナたちも知ったフリをしていただけ
親としては全員がビギナーズ

出典 http://mojim.com

完璧などない 特にヒトの育て方には
まして重過ぎるのさ ママ一人の肩には
なのにすぐ皆 世代のせいにすんのはなぜ

出典 http://mojim.com

誰もがみんな子供だった 祝福の歌の中で育った
あの日のママも子供だった
キミに最もしたくないことしてしまったこともあった
だけど徐々に子供と 共に育った キミと誰かが支えたんだ
キミの誰かは意外にキミの前に さあ その手とこの手を互いに

出典 http://mojim.com

ポップなリズムながら、確実に心に訴えかけ、問題提起してくるこの曲をぜひ聴いてみてください。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス