記事提供:サイゾーウーマン

埼玉医科大学医学部産科婦人科の石原理教授

近年、生殖医療技術が革新的に進歩している。今年9月27日には、米国ニューヨークのニューホープ不妊センターで、母親の病気が遺伝するのを避けるため、

第三者の女性のミトコンドリア(細胞の中にありエネルギーを産生する小器官)を使う技術で新生児を誕生させることに成功したと伝えられた。

厳密にいうと、この受精卵は3人分のDNAを含むことから、技術の進化に追いついていない法の整備も急がれている。

タブー視されがちな生殖医療と生命倫理の折り合いをどうつけていくべきなのか。生殖医療の現場に精通する埼玉医科大学医学部産科婦人科教授で、『生殖医療の衝撃』(講談社現代新書)の著者である石原理氏に聞いた。

(前編はこちら)

■新技術で誕生した子どものフォローアップが欠かせない

――先日、3人の親を持つ子どもの誕生が話題になりましたが、どのような技術なのでしょうか?

石原理氏(以下、石原)遺伝疾患を回避するために、ミトコンドリアを移植するという技術になります。

ミトコンドリアに由来する脳の障害として、「リー脳症」という病気が知られていますが、それを治療するには変異の起こった遺伝子のミトコンドリアを健康なものに取り替えればいいわけです。

そこで、さまざまな技術革新により誕生したのが「核移植」です。卵子には、人間の設計図になる核とミトコンドリアが含まれています。

そのうちミトコンドリアに異常がある場合、核だけを取り出し正常なミトコンドリアを持つ“別の女性”の卵子に移植。その卵子と父親の精子を受精させます。

これにより、核の遺伝情報はそのままで、ミトコンドリアなどの他の部分は新たな細胞に由来するものになります。ただ、「ミトコンドリアの母」といえる第二の母も同時に誕生することになるわけです。

――ただ、生殖医療は成功して終わりではなく、長い年月をかけて検証する必要がありますよね?

石原 おっしゃる通りです。今回の核移植によって、元気な子どもが生まれたと報告されていますが、5年10年、さらにもっと年月がたってみないとわかりません。

たとえば、1992年に「顕微授精」で最初に生まれた子どもたちのうち、成人になった男性の精子を調べたら、普通の男性に比べて精子数が少なくて運動性が悪いことがわかりました。

ただ、顕微授精でしか受精できない父親の精子とくらべると、通常妊娠が可能なレベルなので、父親の遺伝情報だけに左右されるわけではないということが証明された結果だと思います。

「顕微授精」は卵子に器具を差し込む、いわゆる侵襲を伴う受精とあって、それまでにはあり得ないとされていた方法です。

「顕微授精」に限らず、新しいテクノロジーで誕生した子どもについて、後々の影響の有無を明確にする上でも、フォローアップが欠かせないと思います。

出典 https://www.amazon.co.jp

『生殖医療の衝撃』(講談社現代新書)

■DNAレベルでの変異は全員持っている

――遺伝にまつわる生殖医療を考えるとき、「ダウン症」の出産前診断が議論されていると思いますが、生殖医療という観点からどうお考えになりますか?

石原 遺伝的なハンディキャップがある方は、人体にもわかりやすい変化が起こるわけです。ダウン症は染色体の本数の違いによって生じるものですが、DNAレベルでの変異は全員持っているんですよね。あくまでも完璧っていうのはありえない。

いろんな人がいて、さまざまなキャラクターだとか、アイデンティティの人を広く許容して、社会を構成していくべきです。強い人は弱い人を助けなければいけないと思います。生まれてくる子どもたちに関する社会的なケアは100%徹底されるべきです。

しかし、子どもを育てる上で、上の子がハンディキャップを持っているから、下の子はなんとか健康な子どもがほしいという思いを否定することはできない。遺伝子診断を禁止するのは、あまりにも無理があります。

一方で、男女産み分けは明らかに行きすぎです。しかし、たとえばパキスタンで行われる出生前診断の99%は性別診断です。国連やWHOは非難しているのですが、慣習として根付いているものを変えるのは難しいと思います。

――先生は命の選別ということについてどう思われますか?

石原 正直、中絶は嫌です。それにくらべると着床前の出生前診断の方が受け入れやすいです。しかし日本の場合、中絶は平気な人が多い。妊娠中期の中絶は今ものすごく増えていますので、そこは違和感があります。

■人間を「男」「女」だけに分類することには抵抗がある

――性同一性障害も遺伝子の問題とされていますが、原因については明らかではありませんよね?

石原 遺伝上の性別は「Y染色体」があるかどうかによって基本的に左右されます。「Y染色体」があれば男性になります。

例外として「Y染色体」がなくても、「SRY」という遺伝子があれば、精巣になることもあります。胎児精巣からの男子ホルモンの有無によって、胎児期に男女の差ができます。

さらに、精巣から「アンチミュラー管ホルモン(AMH)」が出ていると子宮や膣ができなくなります。

その段階で“生殖器による男女の差”ができますが、心の性別がどうなるか、今のところわからないんですね。

胎児期に母体から受ける性ホルモンレベルが関わっているなど、いろんな説がありますが、今のところ明確な証明はできていません。それほど単純なものではないのです。

――現状は生殖器によって男女2タイプに分類されていますが、そのことについてはどう思いますか?

石原 性別は、生まれた時点の外陰部の形態により、医師や助産師さんが男女どちらかに決めているという状況です。

ただ、特に女性の外陰部はかなり個人差があり、男女の差が曖昧なケースもあります。にもかかわらず、「何が正常か」「何が普通か」ということばかりが強調されます。そうした意味からも、人間を「男」「女」だけに分類することには抵抗があります。

「性同一性障害」という言葉自体、障害として捉えようとしていると思うのですが、基本的に病気ではないことを、しっかりと理解するべきです。

それに、男みたいなところもあるし、女みたいなところもある人がほとんどではないでしょうか。はっきりしない人もいる、中間的な人もいるわけですから。男性“性”とか女性“性”、両極端を強調して、どちらかに近づけようとするのは正しくないと思います。

権利侵害申告はこちら