記事提供:サイゾーウーマン

出典 http://www.nhk.or.jp

「NHKニュース7」公式ブログより

大みそかに放送される『第67回NHK紅白歌合戦』の総合司会に抜てきされた、『NHKニュース7』メインキャスターとしておなじみの武田真一アナウンサー

今回はSMAPの出場が現時点では見込めないこと、誰もが知るヒット曲がほぼないことなどから、「目玉のない紅白」とも言われていた。

そんななか、思いがけない「NHK報道のエース」の登場に、ネット上には「この人なら安心して見られる」「つまらなそうだから見ない…と思ってたけど見ようかな」「今回は武田さんだけを楽しみに見たいと思います」などの歓喜の声があふれている。

この武田アナ、もともとネット上では「たけたん」「NHKの貴公子」という愛称で呼ばれており、ひそかに熱心なファンが多数いる人物。なぜこうも愛されるのか。

その理由にはまず、佇まいの清潔さや品の良さ、そしてNHKのベテランアナならではの滑舌や声の良さ、「確かなアナウンス技術」があるだろう。

加えて、災害や事件のニュースを読む機会が多いなか、いかなる状況でも慌てずうろたえず冷静沈着な「報道のエース」であるがゆえの安心感もある。日頃から自分の仕事を真摯に遂行し、「私」の部分を出さない。実に上品だ。

例えば、『第65回紅白歌合戦』(2014年)の際、前半終了時に日本エレキテル連合と嵐・大野智が登場し、ドタバタがあった直後に場面が切り替わり、ニュースで登場した武田アナは普段と表情もトーンもまったく変えずに仕事をまっとうしたことが、ネット上で称賛されていた。

しかし、仕事の能力値の高さ、プロの仕事ぶりということだけでは、ただ「かたいイメージ」になってしまうかもしれない。

武田アナの場合、ベースに「仕事ぶりに対する絶対的な信頼感」があるうえで、時折、ほんのちょっとだけ見せる「素」の部分がまた愛おしい。

熊本地震の際には、『NHKスペシャル』に出演した武田アナが、「熊本県は私のふるさとです」「胸が締め付けられます」と語り、熊本の人たちに向けてこんな温かい呼びかけを行っている。

壁ドンに吸血鬼コスプレまで披露

「被災地のみなさん、そして私と同じように、ふるさとの人たちを思っている全国のみなさん、不安だと思いますけれども、力を合わせて、この夜を乗り切りましょう。この災害を乗り越えましょう」

しかも、このとき、感情を前面に出さず、言葉や態度も乱れず、いつも通りに仕事をこなしながらも、目が少し腫れていたことも強く印象に残った。

また、14年には『NHKニュース7』で「壁ドン」がはやっていることを伝えるために、慣れない様子で(?)真面目に実演してみせたことも話題に。

さらに、意外とオチャメな面もあり、今年10月末には同番組でハロウィーンを伝えるために吸血鬼コスプレをノリノリでやってのけ、ファンを悶絶させてもいる。

ちなみに、武田アナは「ニュース7ブログ」の内容などから「イクメン」ぶりも知られているのだが、個人的に、あるイベントで武田アナのプライベート姿をたまたま見かけたとき、メガネでスポーツする姿が周りから浮き立ってカッコよく、衝撃を受けたことがある。

絶対的安定感・安心感を与える仕事ぶりと、そこから繰り出してくるさまざまなギャップという変化球の数々。今年の『紅白』ではまた新たな一面が見られるのではないかと思うと、楽しみでならない。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス