権威あるグルメガイドブック「ミシュランガイド東京2017」には、チープな価格ながら値段以上の満足感を得られる「ビブグルマン」という位置づけの飲食店が掲載されている。

★付きの飲食店に勝るとも劣らないビブグルマンの称号、それに選ばれることさえ、至難の業である。

・実際に記者が足を運んで確かめた

今回は、「ミシュランガイド東京2017」に掲載予定のビブグルマンに選ばれた飲食店から本当に美味しい5店舗を選び、皆さんにお伝えしようと思う。

なお、この記事は実際に記者が足を運んで食べて確かめたものであり、食べずしてネットの情報だけで書かれた記事ではない。

・絶対に損しないミシュラン2017ビブグルマンに選ばれた飲食店5選

1. イルペンティート

東京代々木にあるイルペンティート。ここのピザは、極薄の生地にジューシーなチーズと具が盛られているタイプのもの。ジョークで「カレーは飲み物」などという人がいるが、ここのピザはジョークではなく本当に飲めてしまうほどジューシー。

スパイシーなテイストか楽しめるのは、インデモニアータ。できれば、ラストの一枚として残しておきたいメニュー。

モッツァレラチーズとサラミ、そして複数のスパイシーな食材によって構成されている。そのスパイシーな旨味は、チーズの濃厚で芳醇な旨味と混ざり合い、いけない事をしているかのような気持ちにさせられる(東京都渋谷区代々木3‐1‐3)。

イルペンティート

住所:東京都渋谷区代々木3‐1‐3
時間:19:00~23:00(LO:22:00)
休日:日月

2. ソラノイロ

日本人のみならず、海外でも絶賛されている日本のラーメン屋がある。一般客だけでなく、同業者ですら絶賛するその味、まさにシェフによる匠の神髄である。

そのラーメン屋はソラノイロ。日本のラーメンという文化に新たな要素をくわえ、気がつけば「日本のラーメンを越える存在」となっていた(東京都千代田区平河町1‐3‐10)。

ソラノイロ

住所:東京都千代田区平河町1‐3‐10
時間:11:00~22:15
休日:土日

3. 三ぶん

魚はすべて天然モノを使用し、日本酒の品ぞろえも立ち食いらしからぬラインナップ。注文を受けてから仕込んで調理する料理も多々あり、あまりにも本格的すぎるのだ。

銀座の立ち食い割烹「三ぶん」は、吉野家並みに気軽に入れる割烹として、確固たる地位を築きつつある(東京都中央区銀座5‐13‐12)。

三ぶん

住所:東京都中央区銀座5‐13‐12
時間:11:30~12:30 16:00~22:00/土日祝日12:00~20:00
休日:無休

4. 花子

お好み焼きも美味しいが、和牛コーネ刺しもウマイ。刺しではあるが、しっかり焼いて食べる。コーネとは牛肩バラ肉のことで、脚の一部にしかないため、市場に出回る量は非常に少ない部位である。

そもそも東京都内、いや、日本全国でもコーネを提供する店は限りなく少ない。しかし、広島県やその周辺において、コーネは焼肉の定番として知られており、愛されている食材である(東京都千代田区飯田橋2‐1‐6)。

住所:東京都千代田区飯田橋2‐1‐6
時間:11:00~14:00 17:00~23:00
休日:日祝

5. トマト

東京都内で一番美味しいカレーといわれている店が、JR荻窪駅から徒歩2分の場所にある。その店名は、欧風カレー&シチュー専門店トマト。

とてもキュートな店名だし、店舗のデザインも落ち着く西洋風。だが、そのファンシーなイメージとはかけ離れた、極めて本格的な欧風カレーを堪能することができる(東京都杉並区荻窪5‐20‐7)。

トマト

住所:東京都杉並区荻窪5‐20‐7
時間:11:30~13:30 18:30~20:30
休日:水木

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら