「縁結びの神様」として知られる埼玉県川越市の川越氷川神社。そこで、7月4日から「川越氷川神社 縁むすび風鈴~ 天ノ川ノ、願イゴト~」と題してさまざまな祭事が開催されています。

その中でも一番のシンボルとなる「縁むすび風鈴回廊」は、今年から行われる新祭事。参拝者が木の短冊に願い事を書いて結びつけた風鈴が888個つるされている光景は息をのむ美しさです。

さらに境内へ入っていくと、竹毬のオブジェが至る所に飾られ、中に仕込まれたLEDライトが陰陽を作り、夜の神社を幻想的に演出してくれています。

どうでしょう、このロマンチックで風情のある景色。7月4日から開催されたばかりの祭事ですが、Twitterなどでは既に参加した人たちの声を見ることができます。

この川越氷川神社、東京駅からは1時間ちょっとで行くことができ、アクセスも良好です。皆さんも今夏の思い出づくりにいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス