・スペースワールドのSNSが炎上

出典 https://www.facebook.com

11月12日からテーマパーク「スペースワールド」(北九州市)で行われていた「氷の水族館」に批判が殺到しています。スペースワールドの公式Facebookは一時炎上する事態となりました。

・謝罪をするまで発展

氷の水族館に関する不適切な表現で不快に
思われた皆様にお詫び申し上げます。
この度、該当する部分の記事を削除させて頂きます。

出典 https://www.facebook.com

結果、事態は公式で謝罪を表明するまでに発展しました。

・「氷の水族館」とは

出典 http://www.spaceworld.co.jp

では今回問題となった「氷の水族館」とはどういったモノだったのでしょう。

スペースワールドでは毎年冬季限定のイベントとして、スケートリンクを用意しアイススケートアトラクションを行っています。今年のテーマは「氷の水族館」ということで氷の中に水族館を表現されたのですが、5000匹もの魚を氷づけにしスケートリンクにしたことが問題となったのです。

・「前代未聞のアトラクション」

Licensed by gettyimages ®

スペースワールドはこれを公式HPで「5000匹の氷漬けにされた魚たちの上をスイスイと滑走」「前代未聞のアトラクションで日本初、いや世界初間違いなし」と宣伝、氷のスケートリンクの制作過程の画像をいくつか投稿しました。
氷の水族館と聞くと響きは良いですが、その画像には、氷づけにされた生々しい魚たちが写っており、血とみられるものが氷ににじんでいたのです。※投稿はすでに削除されています。

・多くの批判的な意見が

Licensed by gettyimages ®

これに「最低すぎる」「 不愉快だ。」「魚が可哀想です。」「悪趣味!」「魚が死んでいるとはいえその上を滑る(踏む)ことは忍びないし、出来ない。魚だけど"死者に鞭打つ"感じがする。」「残念ながら食べられずに捨てられる魚があり、私達は魚や動物の犠牲の上にあることを再認識しました。」など多くの批判的意見がFacebookに寄せられました。

こういったコメントは日本のみならず海外からも多数届き、Facebookは一時炎上したのです。

・「楽しんでほしい」という気持ちはわかるが

Licensed by gettyimages ®

「海の上で?中で?スケートを滑ってるようにたのしんで欲しい?その考えはいいと思うけど」…など、お客様に楽しんでほしいという気持ちはわかるけれど、今回は誤った方向にアイディアが出てしまったのでは、と運営側の気持ちもくみ取る意見も見られました。

・クレーマーに流されない方がいいのでは

Licensed by gettyimages ®

一方で、ネットの意見に流されなくてもいいのではないかという意見の方もいらっしゃいました。
「気持ち悪い人は行かなければ良いだけのこと。魚を平気で食べてるくせに、こういう時だけ動物愛護?あまりクレーマーに流されない方が良いのでは?」「おもしろい企画なのになぜ中止なの。いちいちネットの書き込みに右往左往する必要ないです。」など、企画を継続しても良いのではないかと思っている方もいます。

・運営側が悪かったのか

Licensed by gettyimages ®

批判的な意見が多く出ている中、もう少し今回の企画がどのようなモノだったのか確認してみました。

・魚は市場で卸した規格外のモノ

Licensed by gettyimages ®

運営側によると展示用に使用された魚は、今回の企画意図を把握してもらったうえで公設市場の鮮魚店から卸してもらったものだということです。また、卸してもらった魚の多くは商品にならない「規格外」のもので元々捨てられる可能性が高かったものでした。

・大きい魚は写真を使用

Licensed by gettyimages ®

ジンベイザメやサメ、エイなどの大きな魚は写真を等身大に引き延ばして氷の下に埋め込んだものであり、本物は使用していないということです。
大きい魚だけを配慮するのはどこか違うとは思いますが、画像をさらっと見ただけだと、大きい魚まで本物を氷漬けにしているのではと勘違いされやすい内容だったのも確かです。

・スケートリンクににじんだ血は

Licensed by gettyimages ®

スケートリンクににじんでいた魚の血は展示当初に氷が溶けてしまったことが原因の一つだと考えられるようです。魚が氷から露出していることはなく、故意にスケート靴のエッジで氷を削って魚を損傷するということをしない限りは魚が傷つくことはないような設計だったということです。
初めての試みということもあり、氷が溶けるなど思わぬ不具合がでても仕方なかったという見方もできます。

・運営を中止

Licensed by gettyimages ®

運営側が魚たちについて全く配慮をしていなかったわけでもないということがわかりました。しかし、あまりにもスペースワールドに寄せられる意見が多いため、運営側はついにイベントの中止を発表することとなりました。

アイススケート フリージングポート一時休止について  氷の水族館に関して様々なご意見を頂いております。「いきものを娯楽・イベントとして使うのはおかしい。」「お魚がかわいそう。」など、多数のご意見、重く受け止めております。氷の水族館について不快に思われた皆様に深くお詫び申し上げます。つきましては、本日から氷の水族館の企画は中止させていただきます。会場のアイススケート場の再開日は、決まり次第ホームぺージにてお報せします。

出典 http://www.spaceworld.co.jp

・あなたはどう思うか

Licensed by gettyimages ®

「魚の無駄死にだ」といった意見が今でもSNSに飛び交っていますが、皆様はどう感じられたでしょうか。
批判的な意見が多く出る理由も理解できます。しかし、私たちは魚の命を普段から大切にできているのでしょうか。そもそも、市場に水揚げされる魚の中には規格外で売れない魚がいるということ、スーパーに卸されても買われず捨てられてしまう魚、私たちが食べ残してしまう魚もいるのです。
今回の氷漬けの魚だけに注目するのではなく、私たちの生活全体を見渡す必要があるのかもしれません。命、食について改めて考えさせられる出来事でした。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス