イラクに住むキリスト教徒でアッシリア人の青年Nenous Thabitさん (17才)。昨年、彼も世界中の人がそうだったように、ISISの手で古代アッシリア帝国の首都ニムルドの古代遺跡や彫刻がブルドーザーやハンマーで次々に破壊されていく様子を成すすべもなく、見つめていました。

現在は、イラクに奪還されていますが、粉々に壊された遺跡・彫刻をもう元に戻すことはできません。

破壊された遺跡

出典 https://www.washingtonpost.com

ニムルドは2年前からIS支配下にあった北部主要都市モスルの南32キロに位置する、3300年前に造られた古代都市。アッシリア帝国の首都として当時はカルフと呼ばれた。約3.5平方キロの面積におよび、大きい「砦(とりで)」の塚や、アッシリア王たちの王宮と墓、神殿、ライオンや翼のある雄牛などの巨大な石像、美しい壁画などで有名だった。

出典 http://www.bbc.com

イラク ニムルド

出典 https://www.google.com

Thabitさんは、アッシリア人として、先祖が遺した大切な遺産がめちゃめちゃに破壊されたことに大きなショックをうけました。

「このままにしておくわけにはいかない」

ISISに対抗するには、武力ではなくクリエイティブな行動に着手することが必要、そう決めたThabitさんは、自らの手で破壊された彫刻や芸術品の精巧なレプリカを作り始めました。

現在戦火を逃れて移り住んだイラク北部アルビール地区に住むThabitさんは、アッシリアの神「Lamassu」をはじめとする18体の彫刻と1つの壁画を、プロの彫刻家である父親の指導の下、1年間で完成させました。

ISISは芸術と文化にまでも宣戦布告をし、戦いを持ち込みました。

イラクでは、彫刻家がISISに次々と殺害されました。それは芸術家は背教者だと彼らは考えているからです。だから、僕らは彫刻を続けることで、悪魔のような彼らに屈することは無いと言うことを示したいと思っています。

出典 http://us.cnn.com

強いメッセージを彫刻を通して発信するThabitさん。

粉々に破壊されていた

出典 https://www.facebook.com

復元させる!

出典 https://www.facebook.com

父親の工房で彫刻を続けたThabitさん。

出典 https://www.facebook.com

細部まで精巧に・・・

そして 完成

出典 https://www.facebook.com

出典 https://www.facebook.com

アシュール(Ashur)アッシリアの神、戦争の神の彫刻を手に。

アーティストとして

出典 https://www.facebook.com

アーティストとしての才能に恵まれたThabitさん。

夢は有名な芸術家になり、母国イラクの人たちに僕を誇りに思ってもらえる人になりたい。そして、世界中の人々に、イラクに住む僕たちは、ここでの暮らしを愛し、僕たちが先祖から受け継いだ遺産を愛しみ大切にしているということを知ってもらいたい。

出典 http://us.cnn.com

その夢を叶えるため、まず「大学に進学し彫刻の勉強をしたい」と、ThabitさんはCNNのインタビューで語っていました。

Thabitさんは、きっと将来イラクの人びとに希望と夢を与える偉大な芸術家になることでしょう。その日が来るまで、遠くから応援したいと思います。

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス