梅酒やサングリアなど、果物の旨みがギュッと凝縮されている果実酒。原料の果実の酸味や風味を味わえるとあって人気が高いお酒です。今年2月には東京渋谷に果実酒専門店「SHUGAR MARKET」がオープンするなど、注目を集めています。

そんな果実酒ですが、Twitterユーザーの「柏原周平」さん(@backyennew)が、『すごいお酒(果実酒)が現れた!』という投稿をされて話題になっています。

そのお酒がこちら!

出典 https://twitter.com

美味しそうなリンゴのお酒…

…って、え?これ、瓶の中にリンゴの果実が入っていますが、明らかに瓶の口よりも大きいですよね…。
一体どうやって中に入れたんでしょうか…?

Licensed by gettyimages ®

瓶の口から通るように、リンゴを切って中で繋げた?

瓶を半分にしておいて、リンゴを入れた後に瓶を溶接した?

それともめちゃくちゃ圧縮して中に入れた…?

なんとも想像が膨らみます…。

この発想はなかった…

そのタネ明かしは、ケースの裏にイラストで書いてありました!

どうやって入れたのかというと…

出典 https://twitter.com

なんと!果実が小さい頃から瓶に入れておき、瓶の中で成長させているんだそうです!

この発想はなかった…。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

こちらのお酒は、長野県の白馬村で旅館を営む「柏原周平」さんが、週末の宿泊客がお土産として持ち込んだものを一緒に飲んだということです。これは素敵なお土産ですね!

こちらのツイートは、投稿から1日で1万近くもRT(リツイート)されるくらい話題となっており、見た人たちからは…

凄くオシャレ
「興味津津」
「面白いなこれ」
「こういう目で見て楽しめるのとかいいよね」
「飲んだみたい」
「長年の謎が解けた」
中のリンゴが食べられない!(貧乏性)」
植物なだけに種あかし」

などの声がたくさんあがっています。

ちなみにこちらは、『カルヴァドス』というリンゴから作られたブランデーで、フランス北部ノルマンディー地方で製造されています。イングリッド・バーグマン主演の名画『凱旋門』のワンシーンにも登場した歴史あるお酒なんですよ。

洋酒がお好きな方は、ご覧になったことがあるかもしれませんね。

本場ノルマンディー地方では、ストレートで味わうのが一般的だそうで、食後のチーズやシガーとの相性がバッチリなんだとか。

味にも見た目にも興味のある方は、是非試してみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス