2016年11月27日、約8ヶ月間、活動を休止していた「五体不満足」の著者であり作家の乙武洋匡さんが地上波TVに復帰しました。
彼の復帰の舞台はフジテレビの「ワイドナショー」(日曜10:00~)という番組でした。

彼の現在のようすなど番組内でのコメントが注目されるなか、放送されたこの番組。いったいどのような内容だったのでしょうか?

世間の反応などもふくめてご紹介いたします。まずは……

ワイドナショーとは?

フジテレビで毎週日曜日の朝10:00~放送されている情報番組です。
司会は東野幸治さん、メーンコメンテーターに松本人志さんが立ち、さまざまな情報を発信しています。

この番組では以前、乙武さんもレギュラーを務めていました。そういった関係もあり、彼の復帰の舞台としてはごく自然な形ではないでしょうか?

では……

なんで乙武さんは活動を休止していたの? (概要)

乙武さんは2016年3月に5人の女性と不倫関係があったことが明らかになりました。
それを受けて彼は当面の活動を休止していました。

活動を休止する理由は「公の場にでることを控え、家族とむきあう時間をつくりたい」ということでしたが、その結果は彼の意に反するものでした。そして、彼は2016年6月に妻である仁美さんと別居、さらにその3ヶ月後の2016年9月には離婚するということになってしまいます。

活動休止時には再開時期は決定しておらず「世間の反応を見ながら復帰時期を模索していく」としていました。

そんな彼が、復帰の舞台に選んだのが、それまでレギュラーを務めていた番組「ワイドナショー」だったというわけです。

乙武さん出演の「ワイドナショー」内容は?

番組ではレギュラーをふくめた5人が乙武さんの自宅を訪問するというロケの形で放送されました。乙武さんの自宅に訪問したのは以下の5人。


・東野幸治さん(番組司会)
・松本人志さん(番組コメンテーター)
・ヒロミさん
・古市憲寿さん
・佐々木恭子さん(アナウンサー)


番組では、乙武さんが「騒動後の生活をどうしているのか?」ということや「今、元気なのか?」ということを軸にインタビュー形式でお宅訪問のロケが進んでいきました。

まず、お宅を訪問するまえに松本さんが女性である佐々木恭子さんに「いきなり顔面けったらだめですよ」と冗談交じりにコメントをして女性の気持ちを代弁しつつ、その場を和ませていたのが印象的でした。

番組がはじまり「お元気ですか?」と質問をすると「あんまり」と乙武さんはこたえます。そこからお宅訪問というスタンスでゆるいインタビューのような感じの会話が続きました。

乙武さんの今の生活は?

乙武さんは離婚後、今もひとりで生活をしているそうです。
彼が住む場所はマンションの一室。そこで彼は独身生活をしているのです。

ひさしぶりの番組出演に関しましては「テンションがむずかしい」と彼はいいます。5人の女性と不倫をしていたという問題が原因だっただけに、以前のようにコメンテーターとして著名人と議論を交わすようなテンションで考えを語ったりすることができないようすです。

こういった乙武さんのようすに対して、松本さんは「スタジオよりも自宅訪問でよかった」といいます。

さらにはテーブルのうえのひらきかけの本を見て「じつは、これはさっきまでエロ本だったんじゃ」と乙武さんをリラックスさせるために冗談をいったりしていました。
このあたりが、きっと松本さんの優しさなのではないでしょうか。そして、乙武さんがかつて同番組でレギュラーをやっていたからこそいえる言葉であり、それこそが番組と彼との信頼関係のあらわれなのではないでしょうか?

このようにかつて番組内でおなじレギュラーとしてすごした仲間に対しての松本さんの気づかいはさすがだなと思いました。

そんな乙武さんの現在の生活は、ほぼ家にこもっているということだそうです。

もっとも、ただ家でくさってしまっているわけではありません。彼は数年まえから大学生といっしょに勉強をしているので、それを現在も継続しているということでした。また彼は去年から大学院に通学しているため、その論文を書いたりして毎日をすごしているといいます。

これまでは忙しく外出ばかりでしたけど、今は家にこもっている生活になってしまったかれど、そのおかげで考える時間ができたのだと、今の状況を少しでもまえむきに考えているという印象です。

不倫騒動から今までに定期的に彼と会っている古市さんは、乙武さんがだんだんと元気になってきたとコメントしていました。きっと最初のころはよほどへとへとだったのでしょう。ちなみに……

乙武さんの不倫発覚~離婚までの流れは?

ざっくりとした流れは以下のものです。


・2016年3月
∟不倫発覚

・2016年6月
∟別居

・2016年9月
∟離婚


じつはこの間にもさまざまなできごとがありました。それは……


・2016年3月
∟不倫発覚

2016年3月
∟謹慎生活

2016年4月5日
∟乙武さん40歳の誕生日会

・2016年6月
∟別居

・2016年9月
∟離婚


この「さまざまな」部分に実際の離婚理由はあったそうです。
なぜなら、乙武さんの奥さんは以前から、彼の不倫を知っていたそうです。2016年3月のニュースではそれが単純に世間にも知られてしまったということにすぎなかったといいます。そのため不倫という事実があるなかで、乙武家はうまい具合になりたっていたといっています。

それではなぜ、奥さんは離婚という答えをだしてしまったのでしょうか?

それは、じつは「謹慎生活」にもあったといいます。
それまで外を忙しく飛びまわっていた乙武さんが、騒動からは四六時中家にいる。ということは、奥さんの負担が増えてしまうということです。

ご存じの通り、乙武さんは「五体不満足」の身体です。
そのため、日々の世話をしてあげる必要があったのです。

さらに、それにも増してお子さんたちの存在も大きかったといいます。奥さんは子どもを守りたいと思うことで、離婚を考えたそうです。

乙武さんの本心としては本当は離婚をせずにいられたらよかったと考えているそうです。子どものことを考えると、こういったことを乗り越えて夫婦2人が揃っていることも重要だ、と。

しかし「奥さんのいいぶんも、またわかる」と彼はいいます。これが乙武さんの離婚の詳細です。では……

現在の乙武さん~これからの乙武さん

奥さんが子どもたちとでていってしまったあとの独身生活においては、スタッフさん(マネージャー)が身のまわりの世話をしてくれているそうです。あるいは実の母が介護にきてくれることもあるそうです。彼の場合、どうしてもお風呂やトイレなどの際にどうしても介護の手が必要になってきます。

そんななか、とうぜん生活費というもが発生してきます。
しかし、現在の彼にはその収入源がありません。貯金を切り崩していくしかないのです。

しかし、そんな状況下でも乙武さんは反省をしつつも決して暗くはなっていませんでした。
彼の部屋のテレビのまえに飾ってあった「見ザル聞かザル言わザル」のオブジェを見つけた松本さんが、これを乙武さんになぞらえてツッコミをいれると「週刊新潮へのメッセージです」と冗談で返す場面もありました。

ここでもかつての番組レギュラー同士の息のあったやりとりを見ることができました。そして……

番組放送後の乙武さんのコメントは?

番組後、彼はひさしぶりにTwitterを更新しました。そこには感謝の言葉がならんでおり、乙武さんの素晴らしい人間性がうかがえました。

彼の復帰については、やはり賛否両論といった形です。しかし……

番組後、視聴者からのコメントにも、元気にいつもの調子でツッコミをいれています。

彼を応援する人へのメッセージに感謝し……

視聴者からの怒りの声にもしっかりと言葉を返しています。

まとめ

乙武さんは離婚後はお子さんたちとは会っていないといいます。
しかし一生会えないというわけではなく「今はまだ」という段階だそうです。騒動がもう少し落ちついたら大好きなお子さんたちともふたたび会うことができるというのは、この着地点のなかでのわずかな希望のひとつなのかもしれません。

有名人の不倫問題は、彼だけでなくたくさんの人がたびたび報道されています。
そんななか「五体不満足」である彼も、健常者の人とおなじように不倫問題で叩かれ、謹慎を余儀なくされるのです。

人はみんな平等――

これを良い意味でも、悪い意味でも体現している乙武さんは、見方によっては素晴らしい人なのかもしれません。

もちろん「不倫」自体は悪いことですけれどね。
だって、悲しむ人が絶対にいるから。

しかし、せっかくの才能のある方です。
再起しまた以前のようにパワフルに活躍する姿を期待しています。

この記事を書いたユーザー

うのたろう このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式ライター/プラチナユーザー。ライターしたり小説書いたりしています。ライターのお仕事は随時受け付け中です。サンプル文章はこちらにもあります。http://unotarou.com/
きてくれた、すべての人を、愛しています。
【twitter】@unotarou

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス