『さんまのまんま』の番組終了を2年延期した理由を明かす

11月26日放送のバラエティ特番『誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁!』(日本テレビ系)で、明石家さんまさんが芸能界を引退した島田紳助さんへの思いを語りました。

番組内で、東野幸治さんから「紳助さんについてどう思っている?」という質問がぶつけられたのですが、さんまさんは紳助さんについて、「今のところは芸能界に帰る気ないんだなって思ってます」と語り、さらに「1年くらいしたら帰ってくるだろうと思ったんだけど」と加えました。

そこでさんまさんは、2016年9月24日を以ってレギュラー放送を終了した自身の長寿番組『さんまのまんま』(フジテレビ系)の裏話を明かしました。当初さんまさんは、紳助さんが1年ほどで復帰すると予想していたため、その復帰の舞台は『さんまのまんま』しかないと考えていたようで、「ぶっちゃけた話をすると、『さんまのまんま』を2年延ばしたのは紳助帰ってくると思ったから」「帰るところ、最初はココやと思ったから」と打ち明けたんです。

その他にも…

「2年頑張ってやりましたけど、もう紳助は帰ってこないだろうし、紳助とも意見が違うと思ったので」「今は紳助は帰ってこないんだな」

出典 http://www.ntv.co.jp

などと語っており、これにはスタジオでも「えー!」と驚きの声があがり、アンジャッシュの渡部建さんも「鳥肌立つな…」とこぼしていました。

これにはネットでもたくさんの反響が

スタジオだけではなく、この放送を観ていた人たちからもたくさんの反響があがっています。

・さんまさんは、熱いなやっぱり!!
・泣きそうになりました。
すごく感動した。ずっと待ってたんだな。
さんまさんめっちゃかっこええな!
・尊敬するわ!!
・すげぇな
・インタビューで語った真実に泣きそうになった。
やっぱりさんまさんは全てが神対応やわ。

いやこれ、たしかに実際に聴いてるとちょっと泣けてきますよ…。

明石家さんまと島田紳助、認め合う同期

さらに、インタビューで、「(さんまさんにとって)紳助さんはどういう存在ですか?」と聞かれると、さんまさんは同期でいてくれて、お互い認め合いながら、けなし合いながらこれたのが、非常に幸せだったかと思いますね」としみじみ語りました。

実はお二人は、同じ吉本興業の同期であり、売れる前からの旧知の仲。そんな誰もが知る天才二人には、駆け出した頃のこんなエピソードがあります。

昨年、ラジオ番組『MBS ヤングタウン土曜日』でさんまさんが、若手時代の紳助さんとのエピソードを語っていました。

一度スーパーのオープニングの営業があって、俺と紳助が営業行ってたと思うねんけど。紳助が「紳竜」という漫才組む前は、吉本に内緒の営業に行くんですよ。

そりゃ、小遣い欲しいから。会社も仕事くれないし、自分たちも生活していかなアカンから。とにかく5000円、10,000円がもう欲しくてたまらない時ですから。

出典 http://www.mbs1179.com

スーパーの行列に並んでいるお客さんに、目玉商品などを大きな声を出して売り込んでいたというさんまさんと紳助さん。今のお二人からすると想像がつかないですね…。

それからも年に1~2回は会っていたというお二人。紳助さんは悲しいことや辛いことがあるとさんまさんに電話をして、その話をするんだそうですが、その時はまさかのさんまさんが聞き役という驚きの状態になるそうです(笑)

出典筆者自作

他にも、「島田紳助」という芸名が決まった時には、さんまさんが「その名前じゃ絶対に売れない」とからかって、紳助さんは落ち込んだそうです。

しかし、逆に「明石家さんま」という芸名に決まったときは、紳助さんは「こいつ(芸能人として)終わった」と大笑いしたというエピソードもあります。

現在は、全く会っていないという二人

今は全く(紳助さんと)会っていないと話すさんまさんですが、紳助さんはさんまさんの出ている番組は観ているそうで、「あいつホンマ頭おかしい」と話しているんだとか(笑)

自身の番組で紳助さんの復帰を迎え入れようというさんまさんの紳助さんへの想いには、男気を感じます。

今はもう(芸能界に)戻ってこないだろうということですが、もしさんまさんが現役のときに紳助さんが戻ってきたらと考えると…ワクワクしますね!

二人の天才の掛け合いを観ることが出来る日が来るのを楽しみにしていたいと思います!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス